暦・天体・自然

【旧暦】皐月の始まりと夏至の頃からの夏バテ対策食養生

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

【旧暦】皐月の始まりと夏至の頃からの夏バテ対策食養生

つい先日の、ウエサク満月から一週間が経過。

そして、一週間後には新月を迎えて「皐月」が始まり、半ばで「夏至」を迎えます。

旧暦においては、「夏至」は必ず「皐月」で迎えるようです。

 

夏至は、北半球でもっとも昼が長く、夜が短い日。

 

皐月で迎える二十四節気

皐月(旧暦五月)で迎える二十四節気

  • 夏至 2021年6月21日(旧暦5月12日)
  • 小暑 2021年7月7日(旧暦5月28日)

夏至が過ぎ、皐月が終わりに近づくころに「小暑」を迎えます。

このころから、暑さがどんどん盛んになり、「もうすぐ梅雨も明けるのかな~」と思い始めるころです。

通常であれば、水無月に入ると梅雨明けを迎えて、日照り続きの残暑となります。

今年は、梅雨入りが早かったので、是非とも早く明けてほしいところですが...。

 

本来の「端午の節供」の日

ちなみに、2021年6月14日(旧暦5月5日)が「端午の節供」。

ちまきや柏餅を食べて菖蒲湯に入る日です。

 

菖蒲湯

菖蒲(ショウブ)の葉や根を入れて沸かしたお風呂。

 

男の子の健康や出世を祈る日である「端午の節供」。

その7日後くらいに夏至を迎えるわけですが、もしかしたら陽の気がもうすぐピークを迎える(陽の気が最高潮に達する直前)という時季に、「健康や出世を祈る」ことに意味があるのかもしれませんね。

 

夏至から暑気が増す頃の食養生

 

夏至のころに旬を迎える食べもの

  • オクラ
  • みょうが
  • 夏みかん
  • 鮎    など

●オクラやみょうがには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、共通して血をつくるのに欠かせない葉酸を多く含む。

●オクラのネバネバにはムチンとペクチンが含まれ、胃腸を守り、お腹の調子を整えてくれる。

●ビタミンCやクエン酸が豊富な夏みかんは、免疫力をアップさせて疲労回復をサポート。

●鱧は、良質のたんぱく質やビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、カリウムが豊富。

●鮎は、葉酸と共に働いて造血作用を担うビタミンB12が豊富で、抗酸化作用のあるビタミンEも豊富。骨を強くするのに必要な、ビタミンDやカルシウム、マグネシウム、カリウムも多く含まれる。

 

エネルギーを消耗しやすい暑い夏には、うってつけの食べものばかりですね。

 

おすすめレシピ:オクラとみょうがの和え物

夏場に、我が家でよく登場する一品。

きざんで薬味として冷奴の上にのせて食べるのもよいですが、和え物にするとそれで一品になり、冷奴やごはんにかけて食べても美味しいです。

レシピ

材料:オクラ、みょうが、梅干し、白だし(めんつゆ or 醤油でもOK)、(下処理用:塩、酢)

  • みょうがをきざんで酢水に晒しておく。
  • オクラはまな板に並べて塩をまぶして板ずりする。
  • オクラの塩を洗い流し、沸騰したお湯で1分程ゆでて冷水にとる。
  • オクラをきざむ。
  • きざんだオクラとみょうが、種をとった梅干し、白だしと混ぜ合わせて完成。

梅干しと白だしの量はお好みで。

冷奴にのせて食べる場合は、濃いめの味付けがおすすめです。

食欲がないときにも食べやすく、ビタミンやミネラルも摂取できるので夏バテ予防のメニューの一つとして。

 

夏場は汗で、ミネラルや水溶性ビタミンは失われやすいため、積極的に補給するようにしましょう。

 

飲む・食べる・塗る・浸かる、おすすめのミネラル補給アイテム

現代人に不足していると言われる栄養素“ミネラル”。 健康維持には欠かせない「五大栄養素」の一つである“ミネラル”を効率よく&心地よく補給できるアイテムをご紹介します。 ミネラルはカラダを維持する基盤! ...

続きを見る

-暦・天体・自然
-, ,

© 2022 なちゅろぱすラボ