思うこと・つぶやき

「33」という数字と核戦争

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 思うこと・つぶやき >

「33」という数字と核戦争


ハマスによるイスラエル侵攻とそれに対してのイスラエルの宣戦布告。

連休中、一切ニュースに触れていなかったため、連休明けに知ることとなりました...。

世界で最もハイテクな軍隊を持っているイスラエルが、やすやすと国境を突破されて侵攻されたということに物議をかもしているこの戦争に関して、In deep さんが興味深い内容を記事にされていました。

北緯33度...「33」という数字から見えてくるものもあるようで...。

フリーメイソンの最高位

原爆が落とされた場所も、設計して実験された場所も北緯33度上...。



まずは、フリーメイソンの最高階級位の“33”位に位置していたアルバート・パイク将軍が残していた「第三次世界大戦は、ユダヤ教の原理主義者とイスラム世界の指導者たちによって助長されなければならない」という記述。

まさに、現状況。

そして、それが起こっているのがほぼ北緯33度上...。

神秘主義と、北緯33度上の災い

The mysticism and curse of 33rd parallel
Pravda 2012.08.27

これは一般に知ることは難しいことかもしれないが、確かに北緯 33度は、現代の社会の中で非常に大きな役割を演じている。

たとえば、そこにある地としては、ケネディ大統領暗殺の地ダラス(米国)だったり、「アラブの春」と呼ばれる状況が始まったトリポリ(リビア)だったり、また、バクダッド(イラク)、そして、ダマスカス(シリア)、カシミール(インド)、チベット、長崎(日本)が含まれる。これらはすべて北緯 33度上にある。

これらは超自然的な力が 33という数字に重要性を与えている偶然の一致なのだろうか。

そこで、世界地図を見てみてほしい。

そして、アルバート・パイク将軍(南北戦争時の南部連合の将軍)とグリーンノート(現在のドル紙幣)の国、つまり、アメリカから世界に向かって 33度線の重要性を確認してみてほしい。

アメリカはダラスから始まるが、世界地図で他の国の 33度線の上を見ていくと、リビアのトリポリが見つかる。この都市は「アラブの春」で知られる。

そして、 33度線にはイラクのバクダッドがある。古くはアラビア夜話のシャハラザードで知られた国だったが、その後、この国は大量破壊兵器のストーリーで知られることになった。

さらに中東では、最貧国のひとつであるシリアのダマスカスを見つけることができる。ダマスカスは、予言者イザヤによって破壊が語られた場所だ。今、このシリアで「問題」が起きていることはご存じかと思われる。

この「フリーメーソン的な旅」を続けると、アフガニスタンとインドのカシミール地方に行き着く。どちらの地も局地的な戦争と紛争で知られている。さらにその先にはチベットがあり、日本の長崎へと至る。

知人のアメリカ人によると、北米大陸上の 33度線にアリゾナ州フェニックスがあることも重要なのだという。その人物によれば、フェニックスはレバノンや古代のフェニキア人と繋がっているという。

この「 33」の数字の意味は、フリーメーソンの階級の中で最も高い階層を示す。

これは 11と 22を足したものであり、そして、宇宙とスピリチュアルの王が満たされている「ダンテの神曲」の数でもある。

これらのすべては歴史の中の新しい世界秩序(New World Order)のキーナンバーだ。

アメリカの歴史の中でも非常に「神々しい大統領」として知られるジョージ・H・ブッシュが、石油メジャーと、そしてヨーロッパの社会党(フリーメーソンの上位階級にいたフランスのミッテラン元大統領が含まれる)と協力するという意向を示した後、西側の勢力は、戦争、戦争、また戦争という状態へ突入していった。

それは、人権と民主主義という大きな大義名分の名のもとで、カダフィの処刑や、シリアの破壊、そしてバグダッドの占領も含まれる。さらには、イランも将来的に破壊される可能性がある。

ある人は「それは地獄の水(石油)を思い出す」と言う。

イルミナティの歴史。

たとえば、フランス革命は、非常に特定の政治と財政の意図と関係していた。

ここで、19世紀の偉大なフランスの作家アレクサンドル・デュマの言葉をきいてみよう。デュマは、他のどんな歴史家よりもフランス革命についてよく理解していた。

1848年の小説『ジョゼフ・バルサモ (Joseph Balsamo)』にデュマは以下の文を書いているが、これはカリオストロ大伯爵の言葉であると考えられる。

旧社会を破壊して新しい世界を作るためには 20年の歳月が必要だ。 20年だ。それは永遠の 20秒でもある。それでも、あなたたちは『それは長すぎる』と言う。

デュマは人類を清算または解体したいという願望を完璧に描写しており、そして、それはブッシュ大統領が実際にその「精算」を始める 200年前に書かれたものだった。

小説は以下のように続く。

国々は一つの巨大な軍隊を形成している。異なる時代に、異なる状況で生まれ、隊列の中でそれぞれの地位を占め、順番にそれぞれが創造された目的に到着するはずである。

たとえそうでないように見えても、彼らは絶えず行進している。

彼らのうちの何人かは休んでいるが、彼らは後退するためではなく、偶発的な理由で後退する。彼らは障害を克服したり直面する困難を打ち破る前に力を蓄える。

イルミナティとは誰なのか?

最後に、北緯 33度には以下の事実がある。

第二次大戦で原爆が落とされた日本の長崎県もまた北緯33度線上にあるが、その長崎に落とした原爆を設計し、製造した米国のニューメキシコ州にあるロスアラモス国立研究所が核実験を行っていた砂漠の実験場も、同じ北緯 33度線上にある。

この原爆は「北緯 33度線上を米国から日本へと運ばれた」のだった。

その時の米国の大統領はトルーマン(第33代大統領)だった。

最後に、デュマの小説から、その小説の登場人物の以下の台詞を抜粋して本稿を終える。

目が覚めたとき、イルミナティはこう続けて述べた - 私は自分が人間以上のものであることに気づいた。私は神に近いことに気づいたのだ。

https://indeep.jp/since-1973-yom-kippur-war/


以前より、「ドルの終焉」や「経済の崩壊」がいわれていますが、今回のイスラエルの開戦によってその始まりが告げられたということなのかもしれません。

早速、原油価格が高騰を始めており、エネルギー価格の高騰や物価の上昇、そして経済の混乱へとつながっていきそうです。

逆行して山羊座に戻っていた冥王星が順行に戻る本日10月11日より、山羊座時代に構築された古いシステムの清算がさらに加速していきそうな気配です。



因みに、北緯33度で検索したところ、シュメール文明をはじめ、古代文明が北緯33度付近に集中しているという情報も目にしました。

以前にもお話ししましたが、全ての文明は北緯33度付近に集中しているということです。
 

アトランティス(バミューダ海域)の180度裏側が、九州の祖母山・久住山
そこから東に90度ずれると、シュメール文明
そこから東に45度ずれると、チベット文明
そこから東に45度ずれると、再び九州の祖母山・久住山
全て北緯33度線上です。
だから、九州から東に45度ずれた場所に何かがあるとにらんでいたのです。

すると、やっぱりあるではないですか!
スゲーぜ、グーグル・アース!

しかも、このあたりの海域には、古代天皇の名前が付いた海山がゴロゴロあります。

総称して、「天皇海山群」と呼ぶらしい。

【出典】Wikipedia『天皇海山群』

そこには、
神武海山、天智海山、桓武海山、欽明海山、雄略海山、光孝海山、応神海山、神功海山、仁徳海山、用明海山、推古海山
などの名前がみられます。

しかもですよ、これを命名したのが、なんとアメリカ人らしいのです。
「1954年にアメリカ合衆国の海洋学者ロバート・シンクレア・ディーツにより命名」
その経緯が記された論文もあるではないですか。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004860807
 (オレンジのボタンを押すと誰でも読めます)

https://ugaya.jimdofree.com/2016/06/01/%E3%83%A0%E3%83%BC%E5%A4%A7%E9%99%B8%E3%81%A8%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%A4%A7%E9%99%B8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E6%96%B0%E7%99%BA%E8%A6%8B/


北緯33度線は、文明の切り替わりに大きく関与していそうです。



アングロサクソン文明からの切り替わりが、今後、ますます具体的に目の前の現実として現れてくるのかもしれません。


科学技術の進歩と日本が中心になる世界線

2023年も8月に入り、残りあと5か月を切りました。 占星術師のマドモアゼル愛さんも、「経済も金融も戦争も政治もメディアもすべてが行き詰っていて、ギリギリの様相を見せ始めている」と仰ってますが、 マド ...

続きを見る



しかし、数秘で33は“宇宙的な愛”といわれますが、地球の支配者たちが用いる33もその一つの側面ということなのかもしれないと考えると、地球規模、いや、宇宙規模での統合のクライマックスを迎えているのかもしれない...と、思った次第です。


各種セッション

心身のバランスをグラフ化!「香りで自分を知る」嗅覚反応分析

”嗅覚で心と体を読み解く” ヒトの五感の中で最も先入観の影響を受けにくい”嗅覚”を使った体質分析法『嗅覚反応分析(IMチェック)』。 【特許名:生体情報生成方法(特許第5536272)】   ...

続きを見る

ドイツ発!自然界に自生する植物そのままの波動のエッセンス 「ゼリツィン🄬エリクサー 」宝石と花の波動療法

ゼリツィン®エリクサーは、自然界に自生する植物を摘むことなく生きたままの植物から転写されたエネルギーとそれに対応した宝石のエネルギーが組み合わされた波動エッセンスです。   こんな方におすす ...

続きを見る

「魂の青写真」「人生の羅針盤」 生命の樹カウンセリング

一人ひとりが持って持って生まれると言われる人生の青写真で設計図ともいわれる“生命の樹”。 これを紐解くことで、自分の天分や本来進むべき道などのヒントを受け取る「生命の樹リーディング」を用いた生命の樹研 ...

続きを見る

「嗅覚反応分析+ゼリツィン®宝石と花の波動療法+生命の樹カウンセリング」を使った多面的アプローチを行う「封印を解く」セッション

  生命の樹リーディング・嗅覚反応分析・ゼリツィン®宝石と花の波動療法により、“心と体と魂” に多面的にアプローチするセッションです。 魂の設計図を知ることで人生の羅針盤を手に入れ、魂の容れ ...

続きを見る

-思うこと・つぶやき