読書・映画

「コロナの暗号」にみる新時代の生き方と日本人のお家芸「利他精神」

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 読書・映画 >

「コロナの暗号」にみる新時代の生き方と日本人のお家芸「利他精神」

 

コロナ禍も2年が経過し、時代の変化がますます加速する年末年始。

2021年4月に逝去された生命科学者・筑波大学名誉教授である村上和雄氏著「コロナの暗号~人間はどこまで生存可能か?~」を読み終えました。

 

新しい時代を生きるべく必要なのは、村上版「新3S」と「つつしみ」。

 

新しい生き方のヒント

新3S

第二次世界大戦後にアメリカが日本を骨抜きにした「Sports(スポーツ)・Screen(映画)・Sex(セックス)」の「3S政策」を改め、村上先生が提唱する「新3S」。

 

新3S

  • Sience(サイエンス=科学)
  • Spirituality(スピリチュアリティ=靈性)
  • Susutainability(サスティナビリティ=持続可能性)

 

合理と非合理の繋がり合いに目を向けて全体像を見ることで、超合理の世界に踏み込もうとしている兆しが現代の科学に感じられるようになってきた昨今。

これからは、この新しい3つの「S」があらゆる社会システムの基盤として認識されることが必要であり、これからはスピリチュアリティは科学であるという時代に向かっていくと村上先生はいいます。

 

まさに、半靈半物質の時代です!

 

半靈半物質時代の2160Hzの水「アクエリアス」を作製してみた。

  先週末にたまたま開いたyoutubeで真っ先に出てきた、先日読んだ「月の教科書」の著書であるマドモアゼル愛さんの動画。     その動画は、半靈半物質の時代への移行期 ...

続きを見る

 

つつしみ

 いまの国際社会の平和は、核兵器の脅威による抑止力で維持されていますが、護る心や「つつしみ」の心で多民族と和していくのでなければ、真の平和は獲得できないと私は思います。

現実に、私たちは科学技術のおかげで快適な生活環境を作っています。しかし、そのために人間の生き生きとした情感や精神性が失われていったのでは、人間の幸福からはかえって遠くなります。

技術とは、お金と同じようなものです。社会に役立てることもできるし、身を滅ぼすことにも使えます。道を拓くために使うこともできれば、運命を悪くする使い方もできます。一部に科学技術のあまりの進歩は悪であるとする考え方もありあmすが、私はそうは思いません。要は、使う人間次第なのです。

科学は、宇宙や大自然、遺伝子などの精妙な仕組みをつくった「サムシング・グレート」の思いとその働きを理解し、真理を探究することに繋がるものと私は考えています。

謙虚でつつしみ深い態度があれば、科学と技術は人間の心の成長に見合った形で適正に進歩し、持続可能な共存社会をつくるために役立つはずです。

謙虚とか「つつしみ」とかいうと、一見、消極的な態度のように感じられますが、決してそうではありません。じつは、さまざまな意味で過酷なこの時代を生き抜く、たくましい力を持った生き方こそが、「つつしみ」だと思います。

その意味では「つつしみ」は一つの大きな力、「つつしむ力」だといっていいでしょう。

すべての人類が、「サムシング・グレート」のもとでは兄弟姉妹であることに気づいた人たちが緩やかに繋がって助け合っていく。地球という大きな視野の中で自分が果たすべき役割を意識して行動する。そのような「つつしむ力」を持つ人が世界を変えていくと私は思います。

「つつしむ力」とは、地球と言う大きな視野の中で自分が果たすべき役割を意識して行動することだと思います。

この「つつしむ力」こそが、今般の「コロナ」が暗示するメッセージであり、度重なる異常気象や大災害はもちろん、新たに危惧される地球の危機状態から、私たち人類が読み取るべき重要な教訓なのではないでしょうか。

「コロナの暗号」より

 

「つつしむ力」というのは、ゼリツィン®エリクサーの「ウィロー&ターコイズ」のメッセージである「信念のある柔軟性」に通ずるものがあります。

新しい年に向けてのメッセージとゼリツィン®エリクサー開発者エリザベート・ゼリンさんインタビュー

  冬至とクリスマスが過ぎ、今年も残すところ1週間を切りました。 冬至からは新しい年のエネルギーの流れになるといわれるので、12月22日にゼリツィン®からメッセージを受けとることに。 &nb ...

続きを見る

 

自分の心の羅針盤に従いながら共創して調和する道を模索する生き方が、「新3S」を基盤とした世界に必要になってくるということですね。

 

日本のお家芸「利他的精神」

イギリスのBBC放送が2006年から33か国、約4万人を大将に実施した世界各国の評価についての世論調査によると、「世界に良い影響を与えている国」として日本は2006年から3年連続1位となったそうで、2020年においてもカナダ、ドイツにつぐ3位だったそうです。

世界に評価しているにもかかわらず、日本人は日本を肯定している割合は半数以下で、自国を高評価していないという結果に。

 

2019年に日本財団が行った国や社会をテーマに行った18歳意識調査においては、

  • 「自分を大人だと思うか」
  • 「自分は責任がある社会の一員だと思うか」
  • 「自分で社会を変えられると思うか」
  • 「将来の夢を持っているか」
  • 「自国の将来は良くなるか」

などの項目に関して、日本は最下位。

しかし、「自分の国が将来どのような国になってほしいか」の項目では、64.7%が「平和な国」と答えて1位となり、「どのようにして国の役に立ちたいか」という項目では「きちんと働き納税する」が他国と比べて1位となり、次いで「学業に励み立派な社会人となる」「ボランティアをする」と続いたようで、利他的精神をもった真面目な日本人気質は若い人にもしっかりと受け継がれていることを物語ります。

 

アインシュタインも愛した日本人の利他精神

1922年に来日したアインシュタインが、『改造』という雑誌に寄稿した「日本における私の印象」というエッセイ。

 「日本には、われわれの国よりも、人と人とがもっと容易にしたしくなれる一つの理由があります。それは、みずからの感情や憎悪をあらわにしないで、どんな状況下でも落ち着いて、ことをそのままに保とうとするという日本人特有の伝統があるのです。

(中略)個人の表情を抑えてしまうこのやり方が、心の内にある個人自らを抑えてしまうことになるのでしょうか?私にはそう思えません。

この伝統が発達してきたの、この国の人に特有な感情のやさしさや、ヨーロッパ人よりもずっと優れていると思われる同情心の強さゆえでありましょう」

 

「日本では、自然と人間は一体化しているように見えます。(中略)この国に由来するすべてのものは、愛らしく朗らかで、自然の恵みと密接に結びついています。」

 

「コロナの暗号」より

 

アインシュタインも絶賛する自然を崇敬し、あらゆるものに神々が宿るとする日本人の意識と共感能力は、地球存続のための科学の進歩にも大きく貢献することになるのでしょうね。

 

次の「生」に繋がる死

 

私たちのカラダの細胞は、「利他的な遺伝子」によって、互いに協力し合い調和を保っています。

各臓器が連携し、カラダの機能を維持することができています。

 

胎児の頃に水かきが消失して手足の指が分離したり、オタマジャクシがカエルに変化する際に尻尾がなくなるような細胞の死を「アポトーシス」といい、個体をより良い状態に保つため(命をつなげるため)の細胞の自殺が起こります。

こいった、まさに利他的なプログラムが生物の遺伝子には組み込まれています。

 

自分の遺伝子をONにする生き方

 

このコロナ禍という歴史的パンデミックを経験してもなお「もっともっと」という意識を持ち続けて自然の法則に反する生き方をするのか、、「つつしむ力」を発動させて遺伝子をONにし持続可能な科学とスピリチュアルが融合した存続可能な世界に生きるのかを選ぶときに来ています。

自然の法則に沿った生き方をした時に、はじめて利他的遺伝子はONになり、生命を守り・育み・楽しませるというベクトルに。

 

参考文献

 

大日月地神示より

真の神拝むに儀式儀礼はないのであるぞ。形にこだわらんでよいのじゃぞ。場所も時間も関係ないのであるぞ。

拝みたい時に拝めば良いぞ。おのおの神靈に感謝いたし、すべて貴び生きるのみじゃ。

神に授かっておる肉体拝んで、ありがたく使わせていただくのみじゃ。

肉体生かしてくださる自然、森羅万象、生き物すべてに感謝いたしいきるのぞ。

感謝いたせばいたすほど、喜び流れ来るぞ。無限に無償の喜び頂けるのじゃぞ。

まことの身靈磨きぞ。身靈太りて輝くぞ。まことお蔭は感謝いたすのみぞ。

祝詞も経も呪文も要らんぞ。どれだけ唱えても堂々巡り、思い込みだけの世界じゃ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

真の修行は他のために生きることぞ。皆々様方をま言で喜ばす生き方をすることぞ。

人民、ま言の教え頂けよ。求めれば得られるぞ。頭下げて頂けよ。頂くには頂き方あるのぞ。

頭でっかち口ばかりのお偉いさんに、成り下がってくださるなよ。

知識に溺れる御霊多いぞ。知識ひけらかすは恥ずかしきことぞ。偉ぶるなよ。喜びはなれてゆくぞ。

頂いた知識は皆々様方のために使わせて頂けよ。ありがたく活かさせて頂くのぞ。

 

「新3S」と「つつしむ力」という概念は、大日月地神示の内容にも通ずるものがあります。

 

「自然の摂理」という観点から物事を考えたとき、あまりにも不自然な常識や枠組に違和感を感じるようになってきたこの頃ですが、

 

 

荒れ模様となりそうな「壬寅」の年ですが、

 

陰陽五行 干支「辛丑」の年から「壬寅」の年へ

  明日はいよいよ大晦日。 丑年も終わり、いよいよ「変化の年」といわれる寅年へ。 願望としては、春の木洩れ日の中、樹の上で寝そべる虎のようにゆったりとした気分で過ごせる年になってほしいところ ...

続きを見る

 

今年はさらに、心が良いと思うものを選択して未来を書き換えていきたいですね~。

-読書・映画

© 2022 なちゅろぱすラボ