思うこと・つぶやき ゼリツィン®エリクサー

世界のつながりを感じる「鬼滅の刃 遊郭編」のスタートと善逸を思い出すゼリツィン®エリクサー

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 思うこと・つぶやき >

世界のつながりを感じる「鬼滅の刃 遊郭編」のスタートと善逸を思い出すゼリツィン®エリクサー

 

「鬼滅の刃 遊郭編」、始まりましたね~。

人生折り返し地点を過ぎたであろういい大人の私も、録画していたのを先日見ました。

(遅くとも11時には就寝のため、録画しております。)

 

実は原作の漫画も読んだのですが、やはりアニメで見ると映像も綺麗だし、メタファー要素も多く散りばめられているのでついつい見入ってしまいます。

 

【メッセージ性のあるアニメ】 見入ってしまった「鬼滅の刃」と「呪術廻戦」

  梅雨の夜長、なにか映画でも見ようかとAmazonプライムビデオを検索。 リモコンを片手に、「呪術廻戦」を見てみようとふと思い、一年前に見た「鬼滅の刃」と同じく、連日モードで一気に見てしま ...

続きを見る

 

舞台は、夜の無限列車から闇をは孕む華やかな遊郭へ。

 

世界も待ち望んでいた「遊郭編」

昨年末に映画で上映された「無限列車編」に続く「遊郭編」が放映されるにあたり、報道番組でも取り上げられていました。

こちらの動画ではアメリカとタイの声優さんも登場しており、声優さんの人気もすごい。

そして、セリフが英語になってもキャラが生きていて特に伊之助の猪突猛進な感じと善逸の怒ってテンションが上がっている様子はそのままだなぁという感じでした。笑

 

世界の意識のつながりを感じるアニメ

舞台は「無限列車」から「遊郭」へと移るわけですが、初回は伏線と炎柱である煉獄さんの死を悼む内容が大部分を占めており、悲しみの中でも鍛錬を行い、強敵である上弦の鬼を倒すべく士気を高めて次の任務地「遊郭」に出発するという流れとなっています。

日本の空気感が伝わる季節や風景の描写織り込まれたアニメの中に多くのひとたちが、それぞれの感情と意識で世界の仕組みをメタファーとして感じ取っているように思われるところが、「鬼滅の刃」が世界中で人気を馳せている理由かもしれません。

そういった意味では、意識のつながりを感じさせてくれる日本発信のアニメであると感じられます。

 

 

善逸を思い出したゼリツィン®エリクサー

 

録画していた「鬼滅の刃 遊郭編」の見た翌日の担当ゼリツィン®エリクサーは、ロックローズ&オブシディアン。

(只今、ゼリツィン®38本チャレンジ実施中)

パワフルな宇宙線が降り注ぐ日のゼリツィン®グランドステージの2ステップ目スタート

  久々に地震による結構な揺れを感じた一昨日の金曜日。 (わが家はよく揺れるので、余計感じました...。)   どうやら、12月2日から非常に強力なエネルギーが宇宙から流入してきて ...

続きを見る

 

恐怖でパニックに陥ったときに、恐怖を乗り越えるために底力的な安定感と持久力へとつなぐサポートをしてくれるエリクサーなのですが、恐怖が臨界点に達したときに無意識状態でとてつもない強さを発揮する善逸みたいだなと。(ロックローズの花も黄色だし)

 

善逸のエネルギーは、もうすぐ迎える「陰極まって陽となる」冬至のエネルギーとも言えるかもしれません。

 

善逸は、鬼滅の刃に登場するキャラの中でも結構ランキング上位なようですが、いつもはヘタレでありながら土壇場で物凄いポテンシャルを見せるこのギャップがやはり魅力なのでしょうかね。

 

ドイツ発!自然界に自生する植物そのままの波動のエッセンス 「ゼリツィン🄬エリクサー 」宝石と花の波動療法

ゼリツィン®エリクサーは、自然界に自生する植物を摘むことなく生きたままの植物から転写されたエネルギーとそれに対応した宝石のエネルギーが組み合わされた波動エッセンスです。   こんな方におすす ...

続きを見る

 

 

-思うこと・つぶやき, ゼリツィン®エリクサー

© 2022 なちゅろぱすラボ