思うこと・つぶやき 生命の樹

どちらがしっくりくるのか?「曖昧」&「正確」な出生時刻による生命の樹の比較

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 思うこと・つぶやき >

どちらがしっくりくるのか?「曖昧」&「正確」な出生時刻による生命の樹の比較

 

最近になってから、自分の正確な出生時刻が判明。

私が生まれたときの母子手帳が紛失したということで、わからないままなのかなと思っていたのですが、なんと、生まれた頃のアルバムに記載されていました。

身長、体重と一緒に。

予想外の発見で、自分の生命の樹を見直し、曖昧&正確な出生時刻のものを比べてみました。

やっぱり、しっくりくるのは...

 

誤差、1時間半

左が「曖昧」、右が「正確」な出生時刻の生命の樹です。

私の場合、夜に生まれたということはハッキリしていたのですが、母の「〇時ぐらいかな~」という、いわゆる「ええかげん」な情報による出生時刻を今まで採用していました。

そして、正確な出生時刻は、「ええかげん」出生時刻よりも約1時間半遅いということが判明。

 

生命の樹を見直してみたところ、微妙にずれるというか、違っていました。

この1時間半の間に3、4回の色の配置の変化があるような感じです。

(1時間半の間でも、変わらない場合もあります。)

 

変化のあったスフィア

変化した点

  • 12色が10色に
  • 3,4,5,6,9,10,11,12の8か所の色が変化

 

正確な出生時刻の生命の樹は、10色(オレンジとブルーが2か所ずつ)になり、8か所のスフィア(丸)の色が変わりました。

逆に1,2,7,8は変わらず。以下の赤線の項目は同じままです。

  1. 持って生まれた使命・志・方向性・精神的指針
  2. 金銭・所有・経済
  3. 学び・サブテーマ
  4. 家庭環境
  5. 子供時代
  6. 本質・才能
  7. 結婚・パートナー
  8. 社会貢献の質
  9. 潜在的な力
  10. 天職・具体的にやることのヒント
  11. 身近な人(友人、知人)に映る自分
  12. 他人・社会に映る自分

変化があってピタッとはまったと感じる部分

もともと、「曖昧」な出生時刻バージョンの生命の樹でも、全く違うという感覚はなく割としっくりは来ていました。

ただ、「正確」な出生時刻の方がさらにピタッと来る感じがあるなぁという項目が3か所ありました。(上記の青線の項目)

 

3.学び・テーマ:マゼンタ

5.子供時代:コーラル

10:天職・具体的にやることのヒント:グリーン

 

腑に落ちたときの「あぁ~」という、ため息まじりの声が出た次第です(笑)

 

生命の樹を受け取るタイミング

2年間ほどの間、「曖昧」な出生時刻バージョンの生命の樹を自分のものとしていたわけですが、もしかすると、出生時刻が判明した2021年が本当の意味で受け取るタイミングだったのかもしれません。

アルバムに出生時刻が記録されているのを発見したときは、ずっと知りたいと思っていた答えが返ってきたような不思議な気分に。

「母子手帳がないから、わらかない」と、てっきり思い込み、あきらめていたようなところもあったので、ちょっと驚きでした。

 

人生折り返し地点で受け取る生命の樹

私の場合、人生の折り返し地点といえる年齢で、生命の樹を受け取ることになったわけですが、たまに、もし20代の頃とかに受け取ってたらどうだっただろう?と思うことがあります。

でも、特に深く考えることもなく、「ああ、そういえば、そういうのを受けたことがある」くらいにしか思わず、生命の樹はどこかの引き出しに眠ったままになっていたのではと...。

何でもそうですが、ちゃんと、それを活かそうという意志が働くときに受け取れるのがベストなタイミングなんでしょうね。

 

「魂の青写真」「人生の羅針盤」 生命の樹カウンセリング

一人ひとりが持って持って生まれると言われる人生の青写真で設計図ともいわれる“生命の樹”。 これを紐解くことで、自分の天分や本来進むべき道などのヒントを受け取る「生命の樹リーディング」を用いた生命の樹研 ...

続きを見る

-思うこと・つぶやき, 生命の樹
-

© 2022 なちゅろぱすラボ