思うこと・つぶやき

立春を迎えてから激しさを増す世界の胎動「カナダの首都オタワの緊急事態宣言」

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 思うこと・つぶやき >

立春を迎えてから激しさを増す世界の胎動「カナダの首都オタワの緊急事態宣言」

 

コロナ規制の厳しい国であるカナダ。

トラックドライバーによるフリーダムコンボイが行われる中、2月6日に首都オタワでは緊急事態宣言が出されました。

 

カナダ・オタワが非常事態宣言、トラック運転手のデモ長期化で

[オタワ 6日 ロイター] - カナダの首都オタワで新型コロナウイルスの接種義務などに抗議するトラック運転手が車列を組んで道路を封鎖し、中心部の機能がまひしている問題で、ジム・ワトソン市長は6日、混乱解消に向け非常事態宣言を発令した。

市長は声明で、デモは居住者の安全に対する深刻な脅威になっており、国内の異なるレベルの政府からの支援が必要だと強調した。市長は先に、デモ参加者は人数で警察を上回り、主導権を握っていると述べていた。どのような対策を取るのかには言及しなかった。

デモは国境を越えて移動するトラック運転手のワクチン接種義務に対する抗議活動として始まり、公衆衛生上の措置全般やトルドー政権に対する抗議へと発展した。

過去9日間のデモによりオタワ中心部の機能はまひ。デモ主催者はワクチン義務が取り消されるまでは撤収しないと表明している。

カナダのメンディチノ公安相は6日、CBCテレビに出演し、ワクチン義務化は2021年の選挙で国民の信を得ていると述べ、方針を堅持する姿勢を示した。

米国のトランプ前大統領と米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、デモを展開するトラック運転手らを称賛している。

トルドー首相は先週にコロナの陽性反応が出たのを受け、自己隔離を行っており、デモ隊の強制排除のために軍部隊を動員する可能性を否定している。トルドー氏と家族は先週末、安全を確保するためにオタワ中心部の邸宅から別の場所に移動したが、新たな滞在場所は公表されていない。

ロイター

 

 

カナダ在住の日本人であるやまたつさんのブログによると、オタワ警察はトラックドライバーの支援を逮捕の対象とし、実際逮捕者もでている状況の中、冬のカナダにおいて、トラックドライバーが暖を取るための燃料も押収され、死者がでてもおかしくない状況にもなっているようです。

重装備の警察隊が抗議者を取り囲み、テロの制圧のような雰囲気にも。

 

緊急事態宣言の発令により、さらに弾圧が激しくなっているようです。

 

Ottawa市市長は緊急事態宣言を発令しました。

緊急事態宣言下では政府の権限が強化されます。

日本にお住まいのみなさん、よく覚えておいてください。

カナダをよく見ておいてください。

 

緊急事態宣言を可能にする憲法を持つ国では、

歯向かう国民を弾圧するために緊急事態宣言を使うことができます。

すべての政治家が良心に従った行動をするわけではありません。

緊急事態というのは、国の緊急事態だけではなく、

政治家の政治生命の緊急事態にも利用されるのです。

国から補助金をじゃぶじゃぶ受け取っているメディアは適当な理由をつけて、

政府の暴走を正当化するでしょう。

 

現にカナダではそれが起きています。

 

ここからは単なる個人の意見です。

日本の憲法に緊急事態宣言要項を追加させてはいけません。

失ってからでは遅すぎるのです。

ぼくはいま緊急事態宣言に法的拘束力を持たせることが出来る国に住んでいて、そして、実際に自由が奪われています。

だからこそ、身に染みてその恐ろしさを感じています。

改憲反対派の工作活動に騙されるなと言われるかもしれません。

それでも構いません。

 

日本は同じ世界に来てはなりません

 

ヨーロッパや北欧諸国では規制が解除されていく中、カナダやアメリカは状況が激化。

イギリスは規制解除、オーストラリアは2月21日より国境再開の流れとなっている中、カナダは状況が激化しているのが気になるところです。

 

 

そして、同じタイミングで目にした情報が、カナダのロマーナ女王が戒厳令を出したというもの。

ロマーナ女王という方を初めて知ったのですが、テレグラムではよく知られているようです。

 

確かイギリスのエリザベス女王がカナダとオーストラリア、ニュージーランドの女王(各国は独立はしているが女王は同じ)でもあったと思うのですが、マンデラエフェクト的な変化が起きているのかと思わず思ってしまいました。

 

ただ、まだ不確かな部分が多い部分が多い情報ではあると思われます。

 

 

戒厳令。
2022年2月5日:女王ロマーナの公開演説

「私の親愛なるカナダ人の皆さん、カナダ王国、米国、そして、世界の私の兄弟姉妹、男の子、女の子たち。
私は今日、カナダ王国の女王であり最高司令官として、皆さんにお伝えします。
オタワ時間の2022年2月5日午後6時をもって、私はカナダ王国を軍事政権下に置いたことをお知らせします。
オタワ時間の本日午後6時(日本時間:6日午前8時)より戒厳令を施行しました。

軍人の皆さんは、現役/予備役を問わず、各自の指揮所に出頭してください。
民間人であるカナダ王国の市民は、軍人に協力してください。小さな町、小都市、大都市、そして、地方のいずれに於いてもです。
彼らは、あなた方を保護し、奉仕するために存在しており、あなた方を傷つけるために存在しているのではありません。
そして、カナダ王国の子供たちへ… どうか怖がらないでください。あなた達は安全に保護され、すぐにあなたの町や裏庭で自由に遊ぶことができるようになります。
カナダ王国のいかなる場所でも暴力は許されません。軍人は、私の指揮の下、カナダ王国のいかなる市民の暴動をも鎮圧する絶対的な権限を持っています。
特定の市や町で暴力が勃発しない限り、一般市民の生活は変わりません。
そして軍は、私の指揮下にある町や都市、州全体を掌握するものとします。
神はカナダの我ら人民に、神は軍に、そして、カナダ王国、米国、世界中の法執行官のすべてに祝福を与えて下さいます。
ありがとうございました、良い夜をお過ごしください。」

kgbøx-A17

 

「緊急事態宣言」と「戒厳令」、まるで二つのパラレルの存在を目の当たりにしてるような感覚ですが、カナダから目を離せない状況ではありそうです。

 

因みに、本日のゼリツィン®エリクサーはWalnuss & Peridot(ウォールナット&ペリドット)。

絶え間ない変化の流れの中でも目標を見失わず、外からの影響に惑わされずにしっかりと境界を引いて進むことをサポートしてくれます。

-思うこと・つぶやき

© 2022 なちゅろぱすラボ