暦・天体・自然

史上最短の梅雨明けで一足早くやってきた盛夏の食養生

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

史上最短の梅雨明けで一足早くやってきた盛夏の食養生

 

本日より7月。

まさか、この時点ですでに梅雨が明けているとは...。

今年は梅雨の期間が短いという予想ではありましたが、ここまで早いとビックリです。

そして、「梅雨の期間は短いが雨量は多い」なんて言われていたものの、空梅雨?という感じの日が続いたわけですが、まさかの史上最短での梅雨明けだったようです。

 

2021年は3週間早く梅雨が始まり、2022年は3週間早く梅雨明け。

 

猛暑や水不足が心配な夏

 

ガラッと陽射しがかわり、洗濯物の乾き具合も同じくガラッと変わりました。

正午を待たずに洗濯物が乾き、生地が傷むので干しすぎは禁物です。

 

春は雨が多かったものの、この梅雨はかなり雨が少なかったので、やはり「水不足、大丈夫?」とは思ってしまいます...。

関東の方では、日中40℃となるところもあったりで、猛暑も確定な感じですね。

 

 

胃腸や心臓を労わる

夏本番は、ついつい冷たいものを好んで食べたりして胃腸の機能が低下したり、空調の影響などでカラダの水分代謝が低下しがちです。

また、汗によりカラダの水分が奪われることで血液が濃縮し、心臓に負担がかかってしまいます。

しっかりと水分&ミネラル補給を。

 

私も、毎朝ペットボトルに通常よりミネラル濃いめの水を調整して作り、こまめに飲むようにしています。

 

 

胃腸を整え、血液をキレイにしてくれる梅肉エキスを活用するのもありです。

 

胃腸を整える・血液をキレイにする・疲れをとる「梅肉エキス」

  梅の季節ですね~。 「すもも」といい、酸っぱい果実が旬を迎える頃。     私の場合、暑さが増してくると酸っぱいものがさらに恋しくなる傾向にあります。 (もともと、酸 ...

続きを見る

 

 

旬の夏野菜をしっかり取り入れる

 

キュウリやトマト、ゴーヤなどの夏野菜はカラダを冷却してくれる作用があります。

冷たいものばかり飲んだりするのではなく、こういった冷却作用のある旬の夏野菜を活用して、うまくカラダから熱を逃がし、栄養も補給しましょう。

カラダが冷えてしまった時などは、スパイスなどを活用しカラダの巡りをよくしましょう。

夏野菜のカレーなどは、食欲もそそるしオススメです。

 

 

-暦・天体・自然
-

© 2022 なちゅろぱすラボ