暦・天体・自然

【旧暦】田の神が帰る山々が色づく神無月と肺と腎を補う食養生

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

【旧暦】田の神が帰る山々が色づく神無月と肺と腎を補う食養生

 

10月もあと残すところ1日となり、秋土用も半ばを過ぎました。

11月5日の新月の日より、旧暦では「神無月」を迎えます。

既に冬モードですが、暦でもいよいよ冬です。

収穫も終わりを迎え、山に戻る田の神にも感謝を。

 

春に山を下った神は「田の神」となり、秋を終えると再び山に登ると言われる。

 

神無月で迎える二十四節気

 

  • 立冬 2021年11月7日~21日(旧暦10月3日~17日)
  • 小雪 2021年11月22日~12月6日(旧暦10月18日~11月3日)

 

冬のはじまり「立冬」

木枯らしで落ち葉が舞う季節。

冬の到来を告げる山茶花が咲き始める頃です。

冬の備えの暖房器具である「こたつ開き」も行われる時期です。

 

雪が降り始める頃「小雪」

積もるほどは降らない雪が降る頃。

雪が降りそうなどんよりとした雲が広がり、陽射しが弱まります。

 

近年、関西では小雪の頃に紅葉は見頃を迎えます。

今年は10月下旬の頃にすでに12月初旬の気温となったり、冷え込みが激しいのでキレイな紅葉となるかもしれませんね。

 

 

肺と腎を補う食養生

空気の乾燥と気温が低下するこの時期は、東洋医学的に「肺」と「腎」を補って、冬本番への備えを。

  • 呼吸器の粘膜を正常に機能させ、ウイルスなどの感染症からの防御力をつける
  • 腎機能を高めて、体温&水分代謝をアップさせ免疫を機能させる

ことが、これからの季節大切になってきます。

 

「肺」を潤す旬の食材

 

大根やレンコンは、のどの痛みや咳、痰などを改善するといわれています。

大根には消化酵素が含まれているため、生で食べると消化をサポートしてくれます。

大根の葉は、βカロチンやビタミンCもより多く含まれているため、捨てずに食べるのがおすすめです。

また、蓮根の粘りは「腎」も補うため、肺と腎を両方補ってくれる食材といえます。

 

大根の部位のおすすめの食べ方

上部分:硬くて辛味が強い→おろしなどの生食で

真ん中部分:甘みがつよく柔らかい→で煮物に

先端部分:繊維質が多い→漬物や味噌汁など

 

「腎」を補う食材

黒豆や小豆、わかめやヒジキなどの海藻類。黒いものが腎を補う食材といわれます。

また、山芋や里芋、レンコンなどの粘り気のある根菜、ナッツなどもあります。

寒くなってくると、温かな煮物や汁物が恋しくなるので、食材としては取り入れやすいのではないでしょうか。

ナッツは、小腹が空いたときのおやつに。

 

 

先日、施術を受けたとき、「やっぱり私は腎が弱いんだな~」と改めて感じたのですが、腎が弱い場合、冬の季節というのは更にケアが必要になってくると思われます。

光クオンタム療法2回目はホルミシス効果も加わり「軽くてしなやかなカラダ」に

  10月初旬にモニターとして受けに行ってきた「光クオンタム療法」。     初回で感じたカラダの変化により、3回集中コースに切り替えてもらって、その2回目の施術に行って ...

続きを見る

 

すでに、この通常より早い時期の冷え込みで結構負担が来てますよね...。

 

ラニーニャ現象により、11月後半から一段と寒くなるようです。

ウィルスの増殖周期とも重なる模様。

 

ラニーニャ現象により11月後半から冬の寒さ到来。風邪・インフルエンザなどの感染症に注意を!

  わが家が寒いというのもあり私的には「もう冬だ」という感覚ですが、11月の半ばごろまでは時期的に高温の状態が続くようです。 そして、11月半ばをすぎるとラニーニャ現象により日本列島に寒気が ...

続きを見る

 

特にこの冬は、呼吸器の乾燥を防ぎ、体内で熱を生み出して免疫を機能させることが重要です!

 

-暦・天体・自然
-,

© 2022 なちゅろぱすラボ