ハーブ・薬草

冬直前の二十四節気「霜降」とビタミンCが豊富な柿の葉茶

  1. HOME >
  2. セルフケア >
  3. ハーブ・薬草 >

冬直前の二十四節気「霜降」とビタミンCが豊富な柿の葉茶

 

明日から、秋の最後の二十四節気である「霜降(そうこう)」に入ります。

このところ、夕方からぐんと冷え込むようになり、パジャマも布団も一気に冬仕様となりました。

わが家では、こたつも出動です。

先週の今頃は日中の気温も30℃近くあり、半袖一枚で過ごしていたのに、洋服も一枚羽織るとかではなく、一気に冬モードです。

 

「霜」は、物体の表面が0℃以下になった時に、空気中の水蒸気が結晶化して表面に付着したもの。

 

霜は降るとされていた

昔は、上空から降ってくるものと思われていた「霜」。

実際は、空気中の水蒸気が氷の結晶となって表面に付着したもの。

上空で凍れば「雪」、地表で凍れば「霜」と呼ばれます。

 

「霜降」の間の七十二候

  • 霜始降 しもはじめてふる 10月23日~27日
  • 霎時施 こさめときどきふる 10月28日~11月1日
  • 楓蔦黄 もみじつたきばむ 11月2日~6日

 

子どもの頃は、確かに11月初旬には紅葉シーズンだったような気がしますが、近年の紅葉は11月下旬から12月初旬ですね(関西の場合)。

11月といえば、風も冷たくて冬の感覚だったのを思い出します。

しかし、今年はすでに最低気温が一桁台。

昨年にも増して「秋がなかった」感が強く冬の感覚ではありますね。

 

柿の葉茶

 

この時期の旬の食べ物の柿。

柿の実も栄養は豊富ですが、柿の葉は温かいお茶として飲むことができます。

 

ビタミンCもレモンの20倍といわれる程豊富に含まれています。

(柿の葉茶に含まれるビタミンCは熱にも強いプロビタミンCなので、お茶で飲んでもOKです。)

 

お風呂にも

柿の葉茶は、飲んだ後の茶葉をお風呂に入れて「柿の葉風呂」にすることもできます。

血流をよくし、炎症を鎮める作用もあります。

生の柿の葉が入手できるのであれば、水洗いした葉っぱを湯舟に入れるという方法もあるようです。

 

 

先日の満月の日から、冬への準備期間である秋土用に入っております。

 

満月の日より、冬へ向けての最終調整の時期「秋土用」に突入

  ついこの間10月に入ったと思っていたら、もう半ば過ぎ。 そして、週明けに向かえる満月の日から秋の土用期間に入ります。 で、土用が終われば立冬。 冬ですよ、冬。   立冬前の18 ...

続きを見る

 

柿の葉茶はノンカフェインなので、胃にも優しく、胃に不調が出やすい土用の時期にも。

 

自律神経の調整作用や免疫増強作用なども持つビタミンCを多く含む柿の葉茶は、冬仕様のカラダ作りをサポートしてくれます。

 

お茶として飲んだときの風味は、柿の葉の香り(柿の葉寿司の葉っぱの香り)とほんのりとした甘みでしょうか。

ほんのり甘い薄めのほうじ茶とも言えるかもしれません。

カラダを温め、ビタミンCの補給もできる柿の葉茶は、風邪予防や美肌づくりにもおすすめです。

 

created by Rinker
¥864 (2022/09/27 21:00:35時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

-ハーブ・薬草
-, ,

© 2022 なちゅろぱすラボ