植物・動物

進む庭の新緑化、収穫し損ねたジャガイモの発芽とハルジオンの開花

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 植物・動物 >

進む庭の新緑化、収穫し損ねたジャガイモの発芽とハルジオンの開花

 

庭の寒緋桜もこの通りの葉桜状態となり、まだ4月ながら、すでに5月?と思ってしまうような様相に。

2週間前のイースターの頃からますます新緑化が進んでおります。

 

新緑に向かう植物たちの新芽の成長が著しいイースターの頃

  朝起きて寝室のカーテンを開けると、エバーフレッシュの新芽の成長に驚かされたりと、植物の新緑化へのスピードに驚かされる今日この頃。   一昨日の4月9日の日曜日は、イースター(復 ...

続きを見る

 

つい先日、ミョウガが伸びてきたな~と思っていたところではありますが、いつの間にかミョウガの手前にジャガイモが芽を出していました。

 

(手前がアンデスレッドで、奥がニシユタカ)

 

暖かかった昨秋にジャガイモの秋植えに挑戦し、立春の頃に収穫したジャガイモ。

 

立春のち、ジャガイモの収穫とポテサラ

  ジャガイモはやっぱりタフだった!   昨秋にたくさん頂いたジャガイモ(アンデスレッド&ニシユタカ)、芽が出てきてしまったものを10月下旬に試しに埋めてみたのですが、 &nbsp ...

続きを見る

 

収穫しそびれて土中に残っていたものが芽を出したようです。

 

関東以西はまさに、ジャガイモの春植えシーズン。収穫時期は6月後半頃。

 

ジャガイモ(アンデスレッド&ニシユタカ)

 

ミョウガの手前にアンデスレッドとニシユタカが1つずつと少し離れたもう一か所にアンデスレッド。

 

 

よく見ると、アンデスレッドのすぐ脇に小さな芽がでています。(茎が赤くないので、たぶんニシユタカ)

合計4苗でどアンデスレッドとニシユタカが2つずつとなります。

 

昨秋に植えたジャガイモは、暖かい日が多かったこともあり順調に育ち思ったより収穫できたものの、年明けに大寒波とかがあったりと結局花は咲かなかったんですよね。

 

通常なら収穫時期?なのに植えてみた芽がでたジャガイモ

  10日ほど前に芽が出ていたジャガイモを終了した夏野菜の空きスペースに植えてみたところ、茎と葉が出てきました! 二種類のジャガイモ(アンデスレッドとニシユタカ)を4個ずつ(計8個)植えたの ...

続きを見る

芽かき後に一気に草丈が伸びたジャガイモ

  先日植えた芽が出たジャガイモ、10㎝くらいに伸びたところで芽かきをしたら...     あっという間に草丈が30cmを超えるくらいまで成長しました! 結構、しっかりと ...

続きを見る

植えて一か月経過したジャガイモとシシトウ&パプリカのその後

  一か月程前に植えた芽が出たジャガイモ。     11月始め頃に、ジャガイモの草丈が30cmくらいになってきたと思っていたら、今はもう50cmを超えております。 &nb ...

続きを見る

 

ですが、今回はこれから気温もあがるし、本来のサイクルを全うできる時期なので花もちゃんと咲いてくれるのではないかと。

 

それにしても、2月にジャガイモを収穫した後に土のリサイクル材を撒いてフカフカの土にしておいてよかった...。

 

created by Rinker
¥970 (2024/02/29 06:50:17時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ハルジオン

 

どこからやって来たのか、寒緋桜の周辺にハルジオンが咲き始めました。

ハルジオン(ハルジョオンとも、春紫、学名:Erigeron philadelphicus L.、)は、キク科ムカシヨモギ属に分類される多年草の1種。北アメリカ原産で、日本では帰化植物となっている。ヒメジョオンと共に、道端や空地でよく見かける雑草である。一部の地域では「貧乏草」と呼ばれ、「折ったり、摘んだりすると貧乏になってしまう」と言い伝えている。若苗、やわらかい茎葉、蕾、花などは食用に利用できる。別名、ハルジョオン、カンザシグサ、ビンボウグサともよばれる。

Wikipedia

 

 

奥にはドクダミも。(すでに、我ここにありと言わんばかりの臭いを放っております。)

 

 

ヒメジョオンとよく間違えられるハルジオンですが、うなだれるように蕾をつけるのはハルジオンの特徴だそうです。

 

ハルジオンの花や葉を摘んで乾燥させてお茶にすると、糖尿病の予防やむくみに良いといわれています。

 

因みに、同じ時期に花を咲かせるカキドオシも血糖降下作用や利尿作用もあります。

 

たくさんの花をつけ始めたカキドオシ

  春めいてきた2月の終わりに、母に雑草扱いされて抜かれているところを無事に救出し、再度植えなおしたカキドオシの花が次々と咲いてきております。     二十四節気の春分の ...

続きを見る

 

そして、ハルジオン、大半が可食部位!

葉、茎、新芽や若芽、蕾など大半が可食部位となる。シュンギクのようなほろ苦さと、ほのかな香りと風味があり、やや灰汁があるので茹でてから十分に水にさらして使う。野草と同じように生で天ぷら、茹でてお浸しや和え物、煮浸し、油炒め、汁の実などにして食べることができる

Wikipedia

 

ただ、アクが強いようなので、お浸しなどにする場合は塩ゆでして水にさらしたほうがいいみたいです。

天ぷらの場合はそのままでOK。

花と葉のついた茎に衣をつけて揚げれば春の一品に。

 

 

たくさん摘めそうならお茶にしてもいいかな~と目論見中です。

 

各種セッション

心身のバランスをグラフ化!「香りで自分を知る」嗅覚反応分析

”嗅覚で心と体を読み解く” ヒトの五感の中で最も先入観の影響を受けにくい”嗅覚”を使った体質分析法『嗅覚反応分析(IMチェック)』。 【特許名:生体情報生成方法(特許第5536272)】   ...

続きを見る

ドイツ発!自然界に自生する植物そのままの波動のエッセンス 「ゼリツィン🄬エリクサー 」宝石と花の波動療法

ゼリツィン®エリクサーは、自然界に自生する植物を摘むことなく生きたままの植物から転写されたエネルギーとそれに対応した宝石のエネルギーが組み合わされた波動エッセンスです。 こんな方におすすめ 心&感情& ...

続きを見る

「魂の青写真」「人生の羅針盤」 生命の樹カウンセリング

一人ひとりが持って持って生まれると言われる人生の青写真で設計図ともいわれる“生命の樹”。 これを紐解くことで、自分の天分や本来進むべき道などのヒントを受け取る「生命の樹リーディング」を用いた生命の樹研 ...

続きを見る

「嗅覚反応分析+ゼリツィン®宝石と花の波動療法+生命の樹カウンセリング」を使った多面的アプローチを行う「封印を解く」セッション

  生命の樹リーディング・嗅覚反応分析・ゼリツィン®宝石と花の波動療法により、“心と体と魂” に多面的にアプローチするセッションです。 魂の設計図を知ることで人生の羅針盤を手に入れ、魂の容れ ...

続きを見る

 

-植物・動物