ゼリツィン®エリクサー

クオンタムヒーリングの光とゼリツィン®エリクサーの瞑想

  1. HOME >
  2. セッションツール >
  3. ゼリツィン®エリクサー >

クオンタムヒーリングの光とゼリツィン®エリクサーの瞑想

 

先日、クオンタムヒーリングライトが届き、カーボンバランサーMuで整えられた空間に、光の要素が新たに加わりました!

 

電磁波のバランスの乱れを整える「カーボンバランサーMu」!

  5月に訪れたユリシスさんのメンテナンスで出会った「カーボンバランサーMu」。 その時のインパクトが強く、数日後に購入を決定。     それからちょうど1か月後の6月1 ...

続きを見る

 

クオンタムヒーリングライトは、「光」の波長として量子の世界に触れるアイテム。

 

 

クオンタムヒーリングライト

 

クオンタムヒーリングライトが届いた日、早速開封したらまずは上質のヒノキで作られたフレームから超絶良い香りが~。

そして、点けてみたところ、すぐに眉間の奥がトロっと緩む感じが。(松果体に届いたっぽいです。)

 

松果体は、睡眠ホルモンであるメラトニンを分泌することであり、光を感知する「第三の目」とも言われています。

光を感知することで、自律神経を調整し、サーガディアンリズム(体内時計)や季節の変化によるカラダのリズムを整えてくれています。

 

光による癒し

クオンタムヒーリングライトは、太陽の光と同じ量子エネルギーを放射するライトです。

量子光なので、太陽の光を浴びた時のように熱くはないです。

ただ、その光を浴びたカラダの反応として、血行が良くなってきて温かくなったりはします。

 

太陽光の効果

  • 自律神経の安定
  • 内臓の分泌作用を高める
  • 発汗
  • 筋肉強壮
  • 脂肪の蓄積を予防
  • むくみの減少
  • 腫瘍の縮小

など

 

光線療法の歴史

  • 紀元前1350年頃のエジプト:太陽神への礼拝と日光浴
  • 3000年以上前の古代ギリシャ:太陽光線を治療用の光源として利用(ヒポクラテスもギリシャのコス島に日光両方を本格的に医療の場に取り入れる)
  • 紀元前1400年頃のインド:紫外線に対する感受性を高めるソラレンを使った白斑の治療
  • 西暦150年頃 外科医アンチロスは患者に日光浴をっさせることで身体の機能が向上すると日光浴について高く評価

参考:株式会社ヒーリング クオンタムヒーリングライト資料より

 

生命力の源である太陽光と同じ量子エネルギーを放つクオンタムヒーリングライトを浴びることで、太陽の癒しの力を受けることができます。

 

 

もちろん、植物や動物にとってもよいです。

 

ゼリツィン®エリクサーとの瞑想

 

クオンタムヒーリングライトが届いてから、「魂の統合」を意図した瞑想をしようと思い立ち、ゼリツィン®エリクサーをチョイス。

いつも選ぶ時は大体1本なのですが、今回はもう一本いる気がしたので2本選びました。

 

Sonnenröschen & Obsidian(ロックローズ&オブシディアン)

Waldrebe & Moldavit(クレマチス&モルダバイト)

 

「今」にしっかりと向き合い、勇気と度胸をもって落ち着いて対処する、という感じでしょうか....。

この時代の変革期に必要ということなのかもしれません。

 

瞑想の時に、クオンタムヒーリングライトを点けて、こちらの2本を胸に当ててみると今までにないほどの心臓の反応が。

選んだ時に胸に当てた時(光を浴びていない)とは全然違います。

ゼリツィン®(植物と鉱物の波動)が、よりハッスルしている感じですね。

 

そして、1本ずつ胸に当てるよりも2本当てた時の方が反応が凄かったので、やっぱり2本必要だったんだな~と。

 

しかも8番系統2本て...(;^_^A

 

この体験を踏まえ...

セッションの時に、クオンタムヒーリングライトの光を浴びて頂く時間を設けようと思っております。

 

 

-ゼリツィン®エリクサー
-, , ,

© 2022 なちゅろぱすラボ