ゼリツィン®エリクサー

約4か月間のゼリツィン®38本チャレンジ グランドステージが終了!

  1. HOME >
  2. セッションツール >
  3. ゼリツィン®エリクサー >

約4か月間のゼリツィン®38本チャレンジ グランドステージが終了!

 

昨年の11月の1新月よりスタートしたゼリツィン®38本チャレンジ のグランドステージが昨日終了しました!

 

仕切り直しのゼリツィン®38本チャレンジ「グランドステージ」

  冬至の頃に終わるようにと夏から始めたゼリツィン®38本チャレンジ「グランドステージ」。 先週に迎えた新月でいよいよ最後のステージが始まるな~と思っていたのですが、ナント!思いっきり勘違い ...

続きを見る

 

ステップごとのインターバルはあるものの、この4か月の間、毎日その日の担当ゼリツィン®エリクサーと過ごします。

私の場合は、朝起きて挨拶して飲んで、夜は飲んで瞑想で締めくくるといった感じです。(日中は水に入れたりして飲んだり)

 

植物と鉱物の波動で、肉体と魂のチューニングを行った4か月間。

 

各ステップでの違い

ゼリツィン®38本チャレンジのグランドステージは3ステップあり、各ステップでのも感覚は異なります。

11月の新月からの1ステップ目は、始めの方で朝起きた時にカラダが疲れているような割とハードな夢を見ていました。

 

2ステップ目では、引き続き疲れたり、モヤモヤするような夢を見ていたのですが、最後の4本のエリクサーに入った途端に激しい鼻炎に襲われました...。

夢での意識の浄化だけでなく、肉体も浄化。

 

ゼリツィン🄬38本チャレンジグランドステージの2/3が終了した1月上弦の月の日

  上弦の月で、十日えびすの日であり成人の日でもある昨日、12月の新月の日からスタートしたゼリツィン🄬38本チャレンジ グランドステージの2ステップ目が終了しました!   &nbs ...

続きを見る

 

激しい鼻水の嵐に襲われながら2ステップ目を終えた翌日には、鼻炎はかなり楽になっていました。

 

そして、小休止ののち、鼻炎に見舞われたこともあって、やや緊張しながらスタートした最後の3ステップ目。

初日は足裏から血流を感じるほどの力強い波動を感じることとなったのですが、エネルギーをチャージしてくれるような感覚でした。

さらに、瞑想中は胸が熱くなり涙があふれてきて、祝福されているような感覚も。

鼻水の洗礼とは全く違った感じとなった次第です。

 

満月の日の最終ステップのゼリツィン®エリクサー38本チャレンジ「グランドステージ」のスタートとフランキンセンス精油

  昨日の満月より、ゼリツィン®38本チャレンジ「グランドステージ」の最終ステップを開始しました。 2ステップ目を終えてから、えらく早く過ぎ去った一週間。     終盤に ...

続きを見る

 

その後も、不思議な感覚の夢を見る事はありましたが、疲れるというほどの事はなく、比較的軽やかな感じで過ぎていきました。

因みに、先日の2022年2月22日の2が6つ並ぶ日(スーパー猫の日)の瞑想では、血流が起こり手足がかなり温まるエネルギーを感じました!

(この日の担当エリクサーは、Stechginster & Gagat  ゴース&ジェット)

 

ゾロ目との遭遇が増える

昨年11月からの「グランドステージ」の期間、どんどんゾロ目をみる確率が増え、後半ではミラーナンバー(717とか808とか)と言われるものも見ることが増えてきました。

日常的に、たまたま見た時刻やレシートがこういった数字であることが多いといった感じです。

非物質界と数字で会話しているような感じがして、それがまた面白かったりも。笑

 

最終日のゼリツィン®エリクサー

 

最終日のゼリツィン®エリクサーは、Wild Rose & Edelopal(ワイルドローズ&オパール)。

どっぷりと長い苦労の期間に浸ってしまっているような状態のときに、人生における楽しみにもう一度意識を向けることをサポートしてくれるエッセンスです。

明るく暖かな陽射しの時間が長くなり、爽やかな風が香る季節。

自然界ににも喜びが満ちる時季にワイルドローズは花を咲かせます。

そして、オパールの七色の輝きは情感を豊かに。

人生を楽しむ意欲が湧きあがるのを助けてくれます。

 

最終日の数字のメソッド

最終日である2月24日は、辻麻里子さんの「数字のメソッド」によると、「使命に思いを馳せる日」でした。

Gate#48 使命に思いを馳せる日 [ Cosmic calling / Kosmische Berufung ]

満点の星空を見上げると、はるかかなたから星々のささやきが聴こえる。

その懐かしい光に呼び醒まされるかのように、宇宙から持ち運んできた自分の使命に思いを馳せるだろう。

キーワード:星のささやき/懐かしい光/宇宙から持ち運んできたもの

指針:自分は何がしたいのか

植物:フランキンセンス、エレミ、ネロリ

 

約4か月に渡るカラダと魂のチューニングの最終日に、「人生を楽しむ」と「使命に思いを馳せる」というメッセージ。

やはり、「楽しむ」がベースにあってこそ、使命というものは果たせるのかもしれません。

 

ワイルドローズの根っこはエーテル体で地上部がアストラル体であり、両者の均衡を保っている植物といわれています。

 大宇宙の精神的なものに強く身をささげ、パワフルに咲き、簡単に頂点を超えてしぼむ他の植物は、毒を持ち、ひどく派手で、規制植物のようになる。しかしバラは度を過ぎることはない。強い根と豊満な花は互いが均衡を保っている。生命力が過剰であることは、手に負えないほどはびこることにはつながらず、つつましくイバラのなかにとどまる。崩壊させるアストラルの有り余タンニンさんに捉えられる。自己規制はこの植物の意思表示である。年間のリズムにおいても、枠から外れることはない。太陽の運行と一致して春には淡緑色の葉を、5~7月の夏至の頃には花を、秋には小鳥が大好きな赤い実をつける。冬はお休み

完全な時のリズムと、花の極と根の極の間の調和は、同心円的働きを示す。それは、人間のなかでもっとも聖なるものであるハートを指している。

 

人生を楽しむには、カラダとココロの健康とバランスが必要不可欠であり、ワイルドローズはそういった点も教えてくれているのかもしれません。

 

 

ゼリツィン®38本チャレンジのグランドステージを終えて、リニューアルされたように感じる本日2月25日の数字のメソッドは、「まわりのことに目が向く日」。

自身がバランスのとれたニュートラルな状態で、かつ広い視野をもっていれば、世の中の痛みや悲しみに心が向かってしまっても飲み込まれることはないですね!

Gate#50 まわりのことに目が向く日[ Cosmic View / Kosmische Sicht ]

ミクロとマクロの視点を持って、まわりで起きていることを観る。

世の中で起きている痛みや悲しみに心が向かう日。

宇宙的な視野を持って、これらの現象をとらえてみよう。

キーワード:ミクロとマクロの視点/世の中の痛みや悲しみに心が向かう

指針:宇宙的な視点でとらえてみる

植物:フランキンセンス、プチグレン、メリッサ、スパイクナード

「数字のメソッド」より

 

植物や鉱物の深い叡智に、さらに深い敬意を払うことになる4か月でした。

そして、今回のグランドステージを終えて、目標の一つの項目が達成に向かって動き始めたこともあり、感覚的に色々と動き始めているような感じがあります。

今後も、できるだけ小さな変化も感じられるように過ごしていきたいと思います。

-ゼリツィン®エリクサー
-,

© 2022 なちゅろぱすラボ