読書・映画

勤労感謝の日に映画「ずすめの戸締り」見てきました!

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 読書・映画 >

勤労感謝の日に映画「ずすめの戸締り」見てきました!

 

11月23日の勤労感謝の日、映画「すずめの戸締り」を見に行ってきました~。

 

災いをもたらす「後ろ戸」を締めるために日本各地を旅する少女が、過去・現在・未来をつなぐ物語。

 

まずはじめに、水面や光、空、風に揺れる植物など...見惚れるほどに映像が美しいです。

 

物語の始まりの舞台は九州。

そこから愛媛、神戸、東京、東北へと慌ただしく旅をしていくロードムービー。

各地で「後ろ戸」が開き、それを締めるために移動していくのですが、ホントにテンポが早くて息をつくひまもない感じで過ぎていくので、2時間あっという間の映画でした。

(ひょんなことから、着の身着のままで旅に出ることになるのですが、財布代わりのスマホがあれば何とかなるというのが、今風だなと思ったりも。)

 

主人公のすずめは、ダイジンという猫を追いかけて“戸締り”に向かった先々でさまざまな人々と出会い、助けられます。

そして、出会った人たちの平和な日常と廃墟の後ろ戸から現れるミミズとなった人間の負の感情を感じていくにつれ、すずめ自身が置き去りにしてしまっていた負の感情と向き合っていきます。

「死ぬことは怖くない」といったり、「私が要石になる」といったり、強いというか意外と肚が座っている印象を受けたすずめでしたが、それは深い闇と共に存在した強い意志だったのかなと...。

 

あと、後ろ戸を守っている要石である二匹の猫ダイジンとサダイジン、そして閉じ師という日本を守るための裏方の仕事をしてくれている存在への、労いや感謝の気持ちが湧いてくる映画でもありました。

個人的には、もうちょっとダイジンを労うようなシーンがあってもよかったかな。

 

 

天の川のように光り輝く空があり、すべての時間が同時に存在する場所「常世の国」。

クライマックスでは、すずめが幼少期に育った東北の「後ろ戸」から、「常世の国」に入っていき、そこで過去・現在・未来がつながれます。

すずめが入ってすぐの「常世の国」の光景は、焼け野原で巨大なミミズが荒ぶる世界でしたが、草太の祈りにより光り輝く野山や町の風景に変わります。

「常世の国」が平和となれば、その「うつし世」である現実世界も平和となる。

そんなメッセージが込められているように感じました。

 

「すずめの戸締り」は、被災者にツイッターで注意喚起されるほど東日本大震災の描写があるわけですが、映画の完成報告会見で新海誠監督ははその思いを明かされていたようです。

 

新海誠監督『すずめの戸締まり』東日本大震災の描写への思い「今描かなければ…」

 映画監督の新海誠が25日、都内で行われた新作アニメーション映画『すずめの戸締まり』(11月11日公開)完成報告会見に登壇した。

日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく旅をする少女・すずめこと岩戸鈴芽の解放と成長を描く本作。公式ツイッターではすでに地震描写および、実際のものとは異なるものの「緊急地震速報を受信した際の警報音」などが登場することが注意喚起されているが、会見では、東日本大震災についても正面から描いていることに質問がおよび、新海監督は「ひとつには、今描かなければ遅くなってしまうという気持ちがありました」と説明した。

 「うちの娘は2010年生まれ。彼女と話をしても震災の記憶はない。気づけば僕の観客の多くが10代で、共通言語の震災が薄くなっていって。でも、今であればまだ同じ気持ちを共有できるかもしれない、という焦りの気持ち。今なのではないか。と」と思いを明かした。

また、「2011年の3月に僕自身は東京にいたのですが、3月末に桜が咲いたことに驚いた。こんなときにも人間とは関係なく、桜は咲くんだ、どこまでも冷徹で冷酷で僕らに無関心なのに美しい。同じようにコロナ禍の桜にも感じました。こんな状況でも我々に自然は無関心。その冷徹さと鋭利な美しさをなにか映画wで、エンターテインメントとしての形で映画にできないか、と、あの頃からあった。こういう形なのではないか、と作った映画が『すずめの戸締まり』。ただ、エンターテインメントとしてそれを語りたい、たくさん笑ってほしいという映画でもあります」と作品に込めたメッセージを明かした。

 

「すずめの戸締り」は、自然の冷徹さと鋭利な美しさ、過去・現在・未来の統合が絶妙に織りなされた映画でした。

 

 

各種セッション

心身のバランスをグラフ化!「香りで自分を知る」嗅覚反応分析

”嗅覚で心と体を読み解く” ヒトの五感の中で最も先入観の影響を受けにくい”嗅覚”を使った体質分析法『嗅覚反応分析(IMチェック)』。 【特許名:生体情報生成方法(特許第5536272)】   ...

続きを見る

ドイツ発!自然界に自生する植物そのままの波動のエッセンス 「ゼリツィン🄬エリクサー 」宝石と花の波動療法

ゼリツィン®エリクサーは、自然界に自生する植物を摘むことなく生きたままの植物から転写されたエネルギーとそれに対応した宝石のエネルギーが組み合わされた波動エッセンスです。   こんな方におすす ...

続きを見る

「魂の青写真」「人生の羅針盤」 生命の樹カウンセリング

一人ひとりが持って持って生まれると言われる人生の青写真で設計図ともいわれる“生命の樹”。 これを紐解くことで、自分の天分や本来進むべき道などのヒントを受け取る「生命の樹リーディング」を用いた生命の樹研 ...

続きを見る

「嗅覚反応分析+ゼリツィン®宝石と花の波動療法+生命の樹カウンセリング」を使った多面的アプローチを行う「封印を解く」セッション

  生命の樹リーディング・嗅覚反応分析・ゼリツィン®宝石と花の波動療法により、“心と体と魂” に多面的にアプローチするセッションです。 魂の設計図を知ることで人生の羅針盤を手に入れ、魂の容れ ...

続きを見る

 

-読書・映画

© 2023 なちゅろぱすラボ