暦・天体・自然

生活を見直して整えることに意識を向けると良い「乙女座新月」

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

生活を見直して整えることに意識を向けると良い「乙女座新月」

/

 

明日の新月より、旧暦では仲秋の候である葉月を迎えます。

 

【旧暦】空高く秋季澄む「葉月」と免疫を下げない食養生

  思いのほかあっという間に過ぎ去った8月。 本日より9月の始まりです。 9月7日の新月より、旧暦「葉月」のスタート。 中秋の時季に入ります。   2021年の中秋の名月は、9月2 ...

続きを見る

 

処暑の終盤の雨が一気に秋を呼び、クーラーを付けなくても過ごせるほどに涼しくなりました。

と、思って庭の草ひきに精をだしてみたら、汗だくになった昨日の日曜日...。

 

しかしながら、二十四節気も明日からは草木の朝露が白く光って見える「白露」の時季に。

 

今回は、乙女座で新月を迎えます。(9月7日 AM9:52)

 

乙女座は、免疫の基盤となる「腸」を司る。

 

腸を整える

カラダの部分では「腸」を司る乙女座。

腸には、免疫細胞の約70%が存在していると言われ、この時期に食生活や生活習慣を見直しておくことは、風邪やインフルエンザなどのウィルス感染症にかかりやすくなる冬を迎えるにあたり大切です。

全身の免疫がちゃんと働くようにするべく、夏の疲れが胃腸に出ている場合はしっかりと整えるようにしましょう。

 

腸を整える旬の食材

  • いも類
  • キノコ類

いも類にもキノコ類も食物繊維が豊富なので、腸を整えてくれます。

キノコに含まれるβグルカンにも整腸作用があります。

また、サツマイモやジャガイモはビタミンCが豊富なので、免疫機能をサポートしてくれます。

(イモのビタミンCはデンプンに守られているので、加熱しても壊れません。)

 

呼吸器粘膜の機能も高めてくれる里芋

いも類の中でもぬめりのある里芋は、胃腸粘膜だけでなく呼吸器粘膜の働きも高めてくれるので、鼻やのどからの感染症ウィルスの侵入を防ぎ、空気感染から身を守るのをサポートしてくれます。

空気が乾燥するこれからの季節、鼻やのどの粘膜が乾燥しないようにしておくことはとても大切です。

煮物や具だくさんみそ汁、唐揚げにしても美味しいです。

 

身体に備わっている免疫は、抗体だけではありません。

まずは、呼吸器や皮膚の免疫が第一の砦となってくれますので、感染症対策はカラダ全体の免疫バランスが重要であるといえます。

 

乙女座のテーマ

 

乙女座のテーマは、「デトックス」や「調整」。

自身のカラダもさることながら、身の回りの環境を浄化して整えるとよいとされます。

 

今までの仕事や生活を見直し、今後の計画を調整するといったことも意識するとよいようです。

これからの未来に不要となる思考を手放すなど、色々な部分で「整理整頓」して身軽になるのがよさそうですね。

 

社会的にも、目まぐるしく変化が予想される昨今。

しっかりと、自分のカラダとパーソナルスペースを整えて、変化の波に乗っていけるようにしましょう。

 

-暦・天体・自然
-

© 2022 なちゅろぱすラボ