暦・天体・自然

日本列島を覆う「お盆」の入り乱れた低気圧前線

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

日本列島を覆う「お盆」の入り乱れた低気圧前線

このたびの災害に対し、心よりお見舞い申し上げます。

皆様の一日も早いご再建をお祈りいたします。

 

大雨のお盆。

停滞前線、寒冷前線、温暖前線が入り乱れた前線が、九州と本州全体を覆っております。

久しぶりに母型の祖父母のお墓参りに神戸に赴き、従姉宅に何日か滞在していたのですが、朝からバケツをひっくり返したような雨が降り、収まったかなと思ったらまた土砂降りの雨。

 

夏と秋の激しい行き合いの空模様。

 

獅子座新月のあとの大雨前線

新月・満月の時は大潮になったりと、水が大きく動く時期でもあります。

 

一日の始まりはヒライアカルライジング、夜には獅子座新月。そして、旧暦の七夕へ。

立秋を迎えた昨日の夕方、ヒグラシが鳴き始めました。 日中のギラギラとした陽射しはまだまだ健在ですが、いつの間にか夜にはコオロギの声が聞こえるようになっていそうです。 二週間ちょっと続いたオリンピックも ...

続きを見る

 

8月8日の獅子座新月が過ぎてから何日か経過してはいますが、シリウスのヒライアカルライジングの時期の新月であったこともあり、やはり「水」が大きく動くエネルギーがあるのかもしれません。

 

来週半ばまで、この天気の状態は続くようですので、各地で土砂災害や浸水の被害が出ている今、十分ご注意ください。

 

気温の低下と湿度の上昇

ジリジリとした太陽の日々から一変して、一日中重い雲が立ち込めて降り注ぐ雨の日になり、気温が下がり湿度が上昇しています。

カラダの調整機能も狂いやすく、体調を崩しやすいタイミングでもあります。

 

ゆったりとしたお風呂時間を

こんな時は、シャワーで済ませずゆっくりとお風呂に使って体を温めるのをおすすめします。

お風呂に浸かることで、カラダがリセットされ、快適な睡眠も得られやすいかと思います。

カラダを整えつつ、旧暦の七夕を過ごしましょう。

 

【旧暦】本来の「七夕」は立秋過ぎのお盆の頃

明日は、グレゴリオ暦(太陽暦)での七夕の日。 旧暦では一か月先のお盆の頃が七夕です。   2021年の旧暦7月7日は、8月14日!   目次 お盆と七夕あの世とこの世魔除けの笹二回 ...

続きを見る

 

-暦・天体・自然

© 2022 なちゅろぱすラボ