自然食品・オーガニック

夏至の頃に旬を迎えるすももは皮ごと食べるのがおすすめ

  1. HOME >
  2. セルフケア >
  3. 自然食品・オーガニック >

夏至の頃に旬を迎えるすももは皮ごと食べるのがおすすめ

本日は夏至。

旧暦では、だいたい夏の中間地点ですね。

そして、すももの季節ですね~。

 

すももが旬を迎えるのは夏至の頃。

 

すももに含まれる栄養

ジューシーですっきりとした酸味のすももは、夏場の疲れを癒してくれます。

すももに含まれる栄養

  • 有機酸(リンゴ酸やクエン酸など)
  • カリウム
  • ビタミンE
  • アントシアニン
  • ペクチン  など

 

有機酸は、体の疲労回復をサポート。

カリウムは、ナトリウムの排出を助け、筋肉の痙攣なども予防してくれます。

(カリウムは不足すると、筋肉が弱り、障害が起こります。)

抗酸化作用をもつビタミンEや疲れ目や眼精疲労に効果的なポリフェノールの一種であるアントシアニンも含まれており、水溶性食物繊維であるペクチンは腸を整えてくれます。

 

酸っぱいすももの皮

私は、すももの皮の酸味が結構すきだったりするので、食べるときは皮ごと丸かじりです。

酸味の苦手な方は、皮を剥いて食べられるかもしれません。

しかし、赤い皮にポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれおり、また、水溶性植物繊維のペクチンも多く含まれています。

皮ごとたべるのが、おすすめです!

 

おすすめの保存方法

傷むのが早いすもも。

長く楽しみたいときは、冷凍保存がおすすめです。

洗って、傷んだところをとってそのまま(もしくは、食べやすいように種を取り除きカットして)ジップロックなどに入れて冷凍するだけ。

食べる前に少し解凍すると、ジューシーでシャリっとした触感のシャーベットのようになり、暑い夏にはうってつけの爽やかなデザートとなります。

 

-自然食品・オーガニック
-, ,

© 2022 なちゅろぱすラボ