暦・天体・自然

【旧暦】秋の夜長を楽しむ「長月」と収穫の秋の食養生

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

【旧暦】秋の夜長を楽しむ「長月」と収穫の秋の食養生

中秋も過ぎ、あと一週間後には晩秋に。

旧暦では、10月6日の新月に「長月」を迎えます。

夏の名残が一気に消え失せるように、空気はひんやり度と乾燥度を更に増し、裸足で過ごしていた足にも靴下が必要になってきました。

空気が澄み、夜空を見上げたくなる季節の到来です。

 

晩秋の栗名月は、中秋の名月に次いで美しいといわれる。

 

長月で迎える二十四節気

 

  • 寒露 2021年10月8日~22日(旧暦9月3日~17日)
  • 霜降 2021年10月23日~11月6日(旧暦9月18日~10月2日)

 

露が冷たくなる頃「寒露」

朝晩の冷え込みがきつくなり、露も冷たく感じられる頃です。

冷え込みがきつくなる分、空気が澄んで綺麗な月を楽しむことができます。

晩秋の少し欠けた十三夜の月は「栗名月」と呼ばれます。

栗名月:10月18日(旧暦9月13日)

 

そして、2021年10月14日は旧暦9月9日にあたり、「重陽の節句」です。

 

邪気を祓い無病息災を願う「重陽の節句」と菊花の効能

  昨日、乙女座で新月を迎え、旧暦の葉月となりました。     そして、明日9月9日は「重陽の節句」、別名「菊の節句」とも呼ばれます。 (旧暦だと、2021年は10月14 ...

続きを見る

 

日本酒に菊の花びらを浮かべて、月夜を楽しむのもおつですね。

 

秋の深まりを感じる「霜降」

露が霜に変わる「霜降」は、秋の最後の二十四節気となります。

冬の訪れを肌に感じる頃。

 

秋味

 

秋味とは、産卵のために河を上る「秋鮭」のこと。

産地としては、北海道が有名です。

産卵のために遡上してくる鮭ですから、オスは精巣が大きく、メスは卵巣にイクラがたくさん詰まっている栄養豊富な状態。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンD
  • アスタキサンチン

なども豊富に含まれています。

 

体内から肌ケア

空気が冷たく乾燥が強まってくる時期は、呼吸器と同時に肌にも影響が出やすいです。

鮭の赤い色素成分であるアスタキサンチンには抗酸化作用があり、美肌作りに役立ちます。

秋鮭と言えば味噌風味の「ちゃんちゃん焼き」。

鮭と一緒に野菜もたくさん食べることができ、相乗効果で肌の新陳代謝もアップします。

 

 

栄養価の高い「栗」

実は、「種」だった栗。

とても栄養価の高い秋の味覚です。

 

栗の栄養素

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • カリウム
  • 亜鉛
  • タンニン
  • タンパク質
  • 食物繊維

 

免疫機能にも重要な栄養素であるビタミンCや亜鉛も含まれています。

(栗のビタミンCは、デンプンに覆われているので加熱しても壊れにくい状態です。)

代謝に必要なビタミンB群も含まれているため、疲労回復の効果もあります。

また、ポリフェノールの一種であるタンニンの抗酸化作用は、皮膚を保護してくれます。

 

旬の秋の味覚を楽しみ、冬に備えたカラダづくりを!

 

おすすめの栗のおやつ

 

【旧暦】夏と秋が行きかう「文月」の始まりと秋にむけて呼吸器のケア

今日から8月。 8月7日には立秋を迎え、8月8日からは旧暦「文月」がスタート。 秋の始まりです。   秋の空気の乾燥に備えて、カラダにこもった熱をちゃんと排出し、肺に負担をかけないことが大切 ...

続きを見る

 

【旧暦】空高く秋季澄む「葉月」と免疫を下げない食養生

  思いのほかあっという間に過ぎ去った8月。 本日より9月の始まりです。 9月7日の新月より、旧暦「葉月」のスタート。 中秋の時季に入ります。   2021年の中秋の名月は、9月2 ...

続きを見る

-暦・天体・自然
-,

© 2022 なちゅろぱすラボ