暦・天体・自然

イメージの中で眺めた方が良い「中秋の名月」

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

イメージの中で眺めた方が良い「中秋の名月」

お盆の頃から、早一か月。

ホントにあっという間...。

来週には秋の彼岸に入り、中秋の名月を迎えます。

今年は、魚座満月の日が「中秋の名月」の日となるようです。(2021年9月21日)

 

「中秋の名月」とは、旧暦の8月15日に見える月のこと。(必ずしも満月とは限らない)

 

満月は眺めない方が良い?

 

潜在意識やイメージ、精神世界などを司るといわれる「月」。

エネルギーが満ちる満月はイメージや妄想を増大させるため、ネガティブな妄想が広がりやすく悪影響を及ぼすこともあるようです。

特にこの時期の満月は収穫時期とも重なることから、一年で最もエネルギーに満ちた満月であるとも言われています。

(ネイティブアメリカンの間でも「ハーベストムーン」と呼ばれる満月にあたります。)

特に今年は、コロナ禍による精神的な不安などが増長される可能性があるのでじっくり眺めるなどはやめた方が良いとのこと。

確かに彼岸の時季でもあり、憂いを帯びてくるこの季節の夜に月を眺めるのは、物悲しさや不安が助長されてしまうかもしれませんね...。

 

間接的に月を眺める

月の名所と呼ばれる場所には必ず池があるそうで、昔の人は池に映る月を眺めていたとされます。

間接的に見ることで、月による悪影響を緩和していたようです。

 

イメージで月を感じる

動画では、「月輪観」という空海によって考えだされた瞑想による観月法が紹介されていました。

瞑想中、月を抱きかかえているようなイメージをしながら、「こうなったらいいな~」というのを思い浮かべると良いそうです。

 

今回の「中秋の名月」は、占星術的には魚座・5ハウスで迎える満月。

 

魚座のキーワード:癒し・浄化・禊・卒業・ヒーリング・スピリチュアリティ

5ハウスのキーワード:自己表現・創造性・あそび・人生の喜び・エンタメ・非日常空間

 

5ハウスというのは、人生を盛り上げる楽しいエネルギーに溢れている部屋だそうで、

浄化の満月

第5ハウス

このエネルギーが

掛け合わさると・・・

自分の喜びを妨げるもの

あるいは

心が楽しいと感じられないものが

とことんデトックスされる

エネルギーになるわよ‼️

まぁ要するに

人生の喜びに繋がらないものを浄化して

自分がワクワクするものだけを選んでいく

っていうのが

みんなのテーマになっていくのよね💡

とのことです。

 

 

寝る前に「月輪観」で月を抱きながら、自分の喜びに焦点を当てて妄想するのが良さそうですね。

 

生命の樹では、9番が天体では月、そして潜在意識や精神世界を司ります。

生命の樹カウンセリングを受けられた方は、9番の色のプラスの意味に意識を向けて自身の喜びに焦点を当ててみるのもおすすめです。

月見団子を食べて日々の自然の恵みに感謝しながら、イメージのお月見を!

 

 

 

-暦・天体・自然
-

© 2022 なちゅろぱすラボ