ハーブ・薬草

美しいだけでなくポリフェノールが豊富で薬効もあるモミジ

  1. HOME >
  2. セルフケア >
  3. ハーブ・薬草 >

美しいだけでなくポリフェノールが豊富で薬効もあるモミジ

 

今年の紅葉は綺麗だと言われていますが、SNSでのみなさんの投稿を見ているとホントにそうだな~と。

青葉が黄色、オレンジ、赤と変わっていくグラデーションはまたひときわ美しいです。

そんなモミジですが、近年では機能性食品として注目されてきているようです。

 

もみじは、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富。

 

薬用植物であるモミジ

観賞用として庭園に植えられたりもしますが、生薬として中国では薬用として用いられているようです。

 

イロハモミジ Japanese maple

学名:Acer palmatum Thunb.

生薬名:鶏爪槭(ケイソウセキ)

使用部位:枝・葉

主な成分:フラボノイド

適応:背中のできもの、腹痛、関節の鈍痛


熊本大学薬学部 薬草園 薬草データベース より)

 

豊富なアントシアニン

アントシアニンは、赤から青の色を呈する水溶性の色素成分です。

薬草ではツユクサやウスベニアオイ、バタフライピーなどの青~紫系青系が思い浮かびますが、モミジと同じ赤系といえば紅花でしょうか。

 

「ツユクサ」がますます好きになった薬草ソムリエ講座

  先週末は、2カ月ぶりの薬草ソムリエ講座のため大宇陀へ。 少し秋が進んでいるような大宇陀の地ですが、お盆に見かけたハグロトンボを見かけました~。 (写真は撮り忘れましたが...) &nbs ...

続きを見る

 

赤いモミジはアントシアニンが豊富で、黄色いモミジはカロテノイドが豊富です。

 

アントシアニンの効能

アントシアニンには、

  • 末梢血管の血流改善
  • 網膜の保護
  • 筋肉の緊張緩和

などの作用があるので、目の機能改善によいとされます。

 

モミジ抽出物の機能性

さらに、ポリフェノールが豊富であるモミジには、血糖値やコレステロールの上昇を抑える作用があることがわかったようです。

研究の結果「もみじの葉はポリフェノールを多く含んでおり、ポリフェノールの働きが糖類の分解・吸収を抑制し血糖値の上昇を防ぐ効果があることが分かりました」(本間さん)

マウスを用いた実験の結果、本間さんはもみじの効用を世界で初めて論文にしました。

【もみじ抽出物の機能性】
▼血糖値上昇を抑制
▼糖+油脂摂取後の脂肪吸収を抑制
▼健康リスクの改善作用

box1

つまり、もみじの抽出物を摂取していると、血糖値レベル、血中インスリンレベルの上昇が抑えられ、また体重増加や中性脂肪の上昇、総コレストロールの上昇も抑えられるのです。

 

 

モミジは、美しい色合いで目を楽しませてくれるだけでなく、その成分も目に良かったり、生活習慣病の予防になるんですね~。

 

(余談)

モミジの名所に行くと、必ずといっていいほど売られているモミジの天ぷら。

 

 

私も食べたことはありますが、これがモミジの味という感じの風味はなく、衣の甘味があるのみです。

その時は、「何で、モミジを天ぷらに?」と不思議に思いながら食べていました。(話のタネに 笑)

 

 

各種セッション

心身のバランスをグラフ化!「香りで自分を知る」嗅覚反応分析

”嗅覚で心と体を読み解く” ヒトの五感の中で最も先入観の影響を受けにくい”嗅覚”を使った体質分析法『嗅覚反応分析(IMチェック)』。 【特許名:生体情報生成方法(特許第5536272)】   ...

続きを見る

ドイツ発!自然界に自生する植物そのままの波動のエッセンス 「ゼリツィン🄬エリクサー 」宝石と花の波動療法

ゼリツィン®エリクサーは、自然界に自生する植物を摘むことなく生きたままの植物から転写されたエネルギーとそれに対応した宝石のエネルギーが組み合わされた波動エッセンスです。   こんな方におすす ...

続きを見る

「魂の青写真」「人生の羅針盤」 生命の樹カウンセリング

一人ひとりが持って持って生まれると言われる人生の青写真で設計図ともいわれる“生命の樹”。 これを紐解くことで、自分の天分や本来進むべき道などのヒントを受け取る「生命の樹リーディング」を用いた生命の樹研 ...

続きを見る

「嗅覚反応分析+ゼリツィン®宝石と花の波動療法+生命の樹カウンセリング」を使った多面的アプローチを行う「封印を解く」セッション

  生命の樹リーディング・嗅覚反応分析・ゼリツィン®宝石と花の波動療法により、“心と体と魂” に多面的にアプローチするセッションです。 魂の設計図を知ることで人生の羅針盤を手に入れ、魂の容れ ...

続きを見る

 

-ハーブ・薬草

© 2022 なちゅろぱすラボ