暦・天体・自然

71年ぶりに木星が地球に最接近する2022年の秋

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

71年ぶりに木星が地球に最接近する2022年の秋

 

今年は9月10日が中秋の名月ですが、その前後で月は土星と木星に接近。

このころから多くの惑星が逆行を始め、そして、9月27日には木星が地球に大接近するようです。

 

約13カ月周期で地球に接近する木星。

2022年は71年ぶりの大接近で、次回の109年後の2129年には更に接近!

 

 

9月の「ほしぞら情報」

国立天文台(NAOJ)によると、

9月8日:月が土星に接近

9月10日:中秋の名月

9月11日:月が木星に接近

9月17日:月が火星に接近

9月27日:木星が見頃(地球に最接近)

となっています。

 

 

「衝(しょう)」を迎える太陽系最大の木星

 

木星の観察シーズン到来!

太陽系最大の惑星、木星が9月27日に「衝(しょう)」を迎え、これからが見頃となります。衝の頃の木星は約マイナス3等の明るさで輝き、明るい星の少ない秋の星座の領域で、大きな存在感を放っています。

衝とは太陽系の天体が、地球から見て太陽とちょうど反対側になる瞬間のことです。衝の頃の惑星は、地球との距離が近く見かけの直径(視直径)が大きくなっている、光っている部分を正面から見るため陰になる面積が少ないなどの理由で、明るく見えます。また、日の入りの頃に東の空から昇って真夜中に南中し、日の出の頃に西の空に沈むため、一晩中見ることができます。

 

国立天文台

 

一晩中見ることができるそうなので、晴れていれば比較的簡単に見れそうですね~。

 

木星のエネルギー

 

木星のエネルギーは、拡大・発展・成長!

 

と占星術的には言われますが、それはいい方面だけでなく悪い方面にも作用するようです。

 

なので、9月10日の惑星が一斉に逆行がスタートするのを利用して、今の自分の状況を見直して不要なものを手放しておくタイミングのようです。

肉体的には、木星といえば肝臓に対応しており、肝臓といえばデトックスの臓器。

心身共に解毒をして、そして、木星大接近を迎える。

 

木星大接近は新月期間中でもあるので、ダイレクトに惑星エネルギーが流れ込むということは、より良い方向に自分を向けておいて、拡大・発展・成長のエネルギーを受け取るのが望ましいと思われます。

 

肝臓、労わろ...。

 

-暦・天体・自然

© 2022 なちゅろぱすラボ