植物・動物

根元から新芽が!エバーフレッシュ復活の兆し

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 植物・動物 >

根元から新芽が!エバーフレッシュ復活の兆し

一昨年から、観葉植物との暮らしをはじめました。

どんどんと葉を茂らせ、グングンと成長していたエバーフレッシュ。

ところが、年明けから葉がうなだれ始めたかと思うと、そのうち坊主状態に...。

どうやら越冬に失敗した模様。

そして、春が過ぎ、夏へと向かう梅雨時期に大いに期待できる復活の兆しが!

 

室内でも、寒い部屋は要注意!

 

エバーフレッシュ基本データ

エバーフレッシュ(アカサヤネムノキ)

  • マメ科
  • 学名:Cojoba arborea var. angustifolia 
  • 耐寒性:弱
  • 耐暑性:強
  • 日陰でも育つ
  • 20℃前後が適温、冬場は8℃以上ある温かい場所で管理
  • 常緑
  • 直射日光に当たると葉がやける(黄色に変色)
  • 夜になると葉が閉じる
  • 日中に葉が閉じる場合は、風通しが悪い・水不足

 

エバーフレッシュ復活の兆しその1

昨年の冬は問題なく越冬していたので、油断していました。

「寒さが原因?」と気づいて、二階の部屋に避難させたものの、時すでに遅し。

(8℃以下になっていることが多かったんでしょうね...反省...。)

葉はどんどんうなだれて、茶色くなり、落ちていきました...。

坊主状態になっても、土が乾いたら水やりをし、3月に入って少し温かくなってから植え替えなどの対策を。

植え替えが時期的に早かったので、変化に対応しやすいようなゼリツィン®エリクサーを水に混ぜてあげていました。

すると、エバーフレッシュの茶色い新芽がちらほらとお目見え。

しかし、1か月以上経過しても、新芽が大きくなる気配が感じられず...。

夏らしくなり、2階は結構気温が上がる日も増えてきたので、元いた場所であるサロンへと戻すことに。

 

エバーフレッシュ復活の兆しその2

6月に入る直前に1階の元の場所にもどしてから、数日。

なんと根元から新芽が!

茶色いままではなく、ちゃんと緑色になってます。

春から秋にかけてグングン成長すると言われているエバーフレッシュですが、ようやくエンジンがかかってきたのでしょうか?

水が不足すると、株が弱くなってしまうらしいので、そのあたりを注意しつつ見守っていくことにします。

 

さすがに、観葉植物は、庭の樹々と違ってほったらかしというわけにはいかず、室内での環境にも注意しないといけませんね。

 

-植物・動物
-

© 2022 なちゅろぱすラボ