植物・動物

ミックスグリーンと水菜の双葉とミニトマトの本葉

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 植物・動物 >

ミックスグリーンと水菜の双葉とミニトマトの本葉

 

このところ、冷たい雨の日が続いておりましたが、本日春分の日は晴れ。

先日種をまいたミックスグリーンと水菜の可愛らしい双葉が顔をのぞかせていました。

 

七十二候「桃始笑」の頃の種まきと開花しそうなバルバラの枝の寒緋桜

  本日は、先日購入した夏野菜の種まき。 (トマトはもう少し先まで待機です。)     本日は22℃くらいまで気温が上がるようで、朝からとても暖かく、ちょっとした種まき作 ...

続きを見る

 

日当たりと風通しの良い場所で、水を切らさないように育てるのがポイント。

 

難易度の低い葉野菜

水菜の双葉↑

 

今回種をまいたのは、ミックスグリーンと水菜。

葉野菜の中でも難易度が低く、種をまいてから収穫までの期間が短いので選びました。

 

こちらはミックスグリーンの双葉。(水菜と同じです...。)

 

 

ベビーリーフとしてはその都度収穫可能なようで、生育していく葉の外側から収穫していくとよいそうです。

(まだ、双葉の段階ですが、収穫を妄想中...。)

 

幅広い栽培方法に適応

ミックスグリーンや水菜の種は、室内で簡単にスプラウト栽培もできます。

水耕栽培からプランター、直まきもOK。

気軽に栽培を始められます。

 

ミニトマトの本葉

 

ミニトマトの苗も順調に育っており、小さな本葉が出てきました!

先日の満月頃から一気に気温が下がり、寒い日が数日続いておりましたが、また暖かな日が続くようですので、本葉の成長が加速するかもしれません。

本葉が3枚になったら定植可とのことなので、次の新月付近までにどこまで成長するのか要観察です。

 

 

ちなみに、ミックスグリーンや水菜と同日に種をまいたシシトウとパプリカ。

種をまいてから何日か暖かな陽光が降り注ぐ日が続いていましたが、ここ数日冷たい雨の日が続いたこともあってか、まだ時間がかかりそうです。

葉野菜ほど発芽は早くはないようですが。

 

庭の寒緋桜

 

庭の寒緋桜は、たくさんのつぼみをつけ一輪だけ開花していました。

 

 

たわわな状態のつぼみがついております。

 

バルバラの枝として、室内に活けた寒緋桜は一足早く開花し、既に満開をむかえて散りかけており、葉桜となる段階に入ってきたようです。

 

夜の間の寒緋桜の開花と双葉が成長中のミニトマト

  先日の日曜日の種まきをした日から、陽射しと風に初夏の空気を感じるような日が続いております。     日曜日の日中は暖かかったので、咲くんじゃないかと思っていた寝室の窓 ...

続きを見る

満月期間に発生した地震と太陽フレアの活発化

  この度の地震の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。     昨夜、寝る前に満開になった窓辺の桜を見ていると、急にサンキャッチャーが揺れ出し、「もしかして地震?」 ...

続きを見る

 

わが家の寒緋桜は、毎年春分の頃にきちんと咲くのですが、今年も変わらず春分の頃です。

 

-植物・動物

© 2022 なちゅろぱすラボ