植物・動物

観葉植物の水やり事情「エバーフレッシュ」「ユーカリポポラス」「サボテン」

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 植物・動物 >

観葉植物の水やり事情「エバーフレッシュ」「ユーカリポポラス」「サボテン」

 

梅雨も明け、朝の蝉の大合唱が夏を盛り立てていますが、朝夕に吹く風は秋のトーンを感じさせます。

日中はうだるような暑さではありますが、何だが夏と秋が入り混じったそんな日々です。

やはり、夏から秋に向かう水無月なんですね~。

 

【旧暦】水無月の始まりと秋に向かう晩夏の頃の食養生

  昨夜からよく降る雨。 梅雨空の本日より7月がスタートです。 明日から七夕までは半夏生。   そして、7月10日の新月より水無月が始まります。 水無月の最終日は立秋であり、秋に向 ...

続きを見る

 

そんな中、無事に復活を遂げたと思われるエバーフレッシュを含め、慣れない観葉植物のお世話にちょっと注意を払って日常を過ごしております。

 

根に空気を通す意味でも重要な水やり、しかし、やりすぎ注意!

 

エバーフレッシュ

新しい葉っぱをどんどんつけているエバーフレッシュ。

土が乾いたら、たっぷりと水を上げています。

(土の表面に敷いてある石をよけて土の乾燥具合を確認しております。)

夜になると葉が閉じて、朝になると開く。

そのサイクルも順調です。

 

根元の新芽がグングン成長中のエバーフレッシュの枝切り戻し

  6月に復活の兆しを見せたエバーフレッシュ。     根元からの新芽は順調に成長している模様ですが、相変わらず上の方の枝には変化は見られず...。   枯れて ...

続きを見る

 

ユーカリポポラス

ユーカリポポラス(写真左)は、土が乾きすぎる前に水をあげる感じです。

(ユーカリは、根の張りが浅いらしく、乾きやすい土の表面付近で根を張るため。)

乾燥には強く水はけのよい土を好み、土が湿りすぎていると根腐れを起こす。

でも、根の張りが浅いので水枯れを起こしやすい...とのことです。

現状、枯れるということはないですが、エバーフレッシュのように成長もしないなぁと。

葉っぱも薄い感じです。(ユーカリってもう少し厚みがあるような)

耐陰性が割とあるとは言えど、もう少し太陽の光を浴びさせてあげた方が良さそうなので、ちょくちょく外に出して日に当てるようにしています。

 

サボテン類

 

南側の窓辺においているサボテンの寄せ植え。

実は、もともと4種類のサボテンの寄せ植えだったのですが、二種類は枯れるというか、腐ってしまいました...。

冬場でも月に一度は水をあげていたのですが、2年目の冬を越えた頃に二種類は腐ってしまうという事態に。

なので、空いた場所に別の多肉植物を植えてみました。

基本的に多肉植物は、冬は水をやらず春から秋にかけてもごくたまに水やりするくらいで良いようなので、以後、水のやりすぎに注意したいと思います...。

 

 

 

-植物・動物
-

© 2022 なちゅろぱすラボ