思うこと・つぶやき 暦・天体・自然

夏休みの始まりと東京オリンピックと夏土用

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 思うこと・つぶやき >

夏休みの始まりと東京オリンピックと夏土用

 

オリンピックで移動した「海の日」の本日。

なんだか、数日前から朝の家の前の道が静かだな~と思ったら、夏休みが始まってたんですね。

そして、明日はいよいよオリンピックの開会式。

 

海の日が7月22日に移動で、23日がスポーツの日。

 

オリンピックの期間

開会式:7月23日

閉会式:8月8日

パラリンピックは、8月24日から9月5日とのことです。

 

オリンピックの閉会式は、8月8日の新月で秋の始まりの日になるんですね~。

8月7日の立秋で「水無月」が終わり、夏が終わり秋に切り替わるタイミングです。

 

【旧暦】水無月の始まりと秋に向かう晩夏の頃の食養生

  昨夜からよく降る雨。 梅雨空の本日より7月がスタートです。 明日から七夕までは半夏生。   そして、7月10日の新月より水無月が始まります。 水無月の最終日は立秋であり、秋に向 ...

続きを見る

 

夏の土用真っ只中

オリンピックが開催される期間は、夏の土用の真っ只中。

7月19日から8月6日(立秋の前日)までが夏土用となります。

 

夏土用の時期に脾臓をねぎらうおすすめのお茶

  旧暦での夏の終盤である水無月を迎え、約一週間後には夏の土用の期間に突入です。     季節のつなぎ目となる年4回の土用の時期は、脾臓にねぎらいを。   脾臓 ...

続きを見る

 

土用の期間は、次の季節へ向けての心身の調整期間であり、ゆっくりと過ごすことが望ましい時季。

こんな時期にオリンピックって、大変だな(特に選手の皆さん)と改めて思ってしまった次第です。

 

季節の変わり目である土用の時期は、「ええかげん=良い加減」でゆるゆると過ごすことで、次の季節に疲れを持ちこさないことが重要。

次の季節に持ち越してしまった疲れは、不調につながります。

 

秋に向けて

夏の土用の養生で脾臓をいたわり、キレイな血液で秋を迎えることで、乾燥しがちな秋に呼吸器の不調が出にくくなります。

酷暑続きといえど、冷たいものばかりで脾臓を弱らせるのはNGですよ~。

-思うこと・つぶやき, 暦・天体・自然
-,

© 2022 なちゅろぱすラボ