暦・天体・自然

立冬前、冬の入り口の黄昏時と皆既月食満月と天王星食

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

立冬前、冬の入り口の黄昏時と皆既月食満月と天王星食

 

11月7日の立冬をひかえ、秋土用も終盤にさしかかり、まさに秋の黄昏時。

 

四つの基分点と立春から春分までの過ごし方

  うららかな三連休の2日間の後、本日の最終日は雨。 明日からはまたうららかな日和となるようで、旧暦の睦月も半ばとなり、春の様相への変化が強まってきました。   東洋医学的にも五行 ...

続きを見る

 

ケルト文化においては、日本のお盆の頃のような感じで、あらゆる霊的存在が出てくるといわれる時期であり、この時期を境に冥王が支配する自然界が喪に服す冬の到来です。

 

「黄昏」は、盛りが過ぎて終わりに近付こうとする頃でもあり、「誰そ彼(たそかれ)」と人の様の見わけのつきにくい頃。

 

立冬の翌日の満月

 

11月1日または11月の満月の頃は、ケルトの暦のサマイン。

今年は立冬の翌日が満月で、皆既月食を伴うようです。

昨年の11月の満月は部分月食だったんですね~。

 

11月19日の満月は月食。太陽系の惑星エネルギーがダイレクトに流れ込む?⁉

  1週間後の金曜日は満月。 今回の満月は部分月食で、晴れていれば日本全国でみれるそうですよ~。   2021年11月19日の部分月食は、16時18分開始―19時47分終了。 食の ...

続きを見る

 

 

11月8日の皆既月食&天王星食

 

先日の新月の日食は日本では見れませんでしたが、

 

暦では冬入りとなる神無月の始まりは日食新月

  本日は新月。 旧暦では神無月となり、冬の始まりです。 (ちなみに、立冬は11月7日です。)     暦では冬入りですが、裏の神社のイチョウの葉はまだまだ青く、桜がほん ...

続きを見る

 

今回の満月の日の皆既月食は見れるようで、食の最大が夜の8時頃だそうです。

この日は、400年ぶりに天皇星食も同寺に観測。

20時40分頃に、天王星が月食中の月に飲み込まれるかたちとなるようです。

 

そして、11月13日は牡牛座北流星群が極大となり、ほぼ一晩中見えるそうですよ~。(1時間に2個程)

 

地球の自浄作用が強い11月

 

辻麻里子さん著「数字のメソッド」によると、11月は地球の自浄作用が強い月だそうです。

 

地球が自ら清めようとする月

地球はピカピカ輝いている。

地球の自転よりも大気の動きが早く、地球が磨かれてゆく。

自浄作用が強い月。

地に足が着いていないものは吹き飛ばされてしまうだろう。

 

 

10月は水のエネルギーで浄化された月だったようで、樹々が黄金色に染まり、乾燥した澄んだ冷たい空気をまとう11月の地球はピカピカと輝いて見えそうな気もします。

 

時間の経過が早く、エネルギーシフトも加速している様子の地球。

 

浦島太郎の玉手箱とエネルギーシフト

  子供のころに知る代表的なおとぎ話である「浦島太郎」。 最後は竜宮城からもち帰った玉手箱を開けた浦島太郎が白髪の老人になってしまうという物語でしたが、古代の文書である「御伽草子」や「日本書 ...

続きを見る

 

エネルギーがすっかり入れ替わるといわれる皆既月食を11月8日に控えているわけですが、この日はアメリカの中間選挙の日でもあるので、よりピカピカの地球に向かう切り換えのタイミングとなるのかも気になるところです。

 

地に足を着けて、吹き飛ばされないようにしなくては...。

 

 

-暦・天体・自然

© 2022 なちゅろぱすラボ