サプリメント

NATURECANネイチャーカンのCBDオイルでより睡眠の質を向上!

  1. HOME >
  2. セルフケア >
  3. サプリメント >

NATURECANネイチャーカンのCBDオイルでより睡眠の質を向上!

 

ここ最近、今まで以上にテレビを見ることが少なくなり、夜も早々に寝室に向かいます。

そして、ヘンプアースシーツにくるまって放電してから、

 

【電磁波対策】眠りながらアーシング「ヘンプアースシーツ」

  今年の5月に誕生日を迎えたのを期に、自らのシールドを高めるべく、主に電磁波対策への注力がなんだかエライことになってきております。笑 先日お迎えした、電磁波の影響を受けにくい空間に整えてく ...

続きを見る

 

カーボンバランサーMuを頭の上にのせて瞑想。

 

電磁波のバランスの乱れを整える「カーボンバランサーMu」!

  5月に訪れたユリシスさんのメンテナンスで出会った「カーボンバランサーMu」。 その時のインパクトが強く、数日後に購入を決定。     それからちょうど1か月後の6月1 ...

続きを見る

 

その後眠りにつき、朝も5時頃にはパチッと目が開くという健康的な生活ではあるのですが、夏場って今一つ深く眠れないような感じがするし、欲をいえばもう少し深い眠りが欲しいなということで、CBDオイルを試してみることにしました。

 

使い始めて10日程たちますが、入眠がスムーズになり以前に比べると深い眠りに。

 

CBD(カンナジビオール)は、麻や大麻などの植物に含まれる有効成分で、神経に作用することでストレスや不安を軽減、不眠の改善、依存や中毒の緩和、痛みの軽減などの様々な効能がある。

 

 

NATURECAN ネイチャーカン 40%CBDオイル

 

今回購入したのは、「NATURECAN ネイチャーカン ブロードスペクトラムCBDサプリメント 40%CBDオイル」の10mlサイズです。

 

 

40%ってかなり高濃度だなと思ったのですが、一番人気ということもあり効果を感じている人が多いんだろうということで、40%を購入しました。(ちょうどセール期間でもあったので)

CBDオイルは、5%、10%、15%、20%、30%、40%の6種類の濃度のラインナップがあります。

使い方としては、少しずつ摂取して自分にとっての適量を知っていくのが望ましく、こちらの動画でも、「例えば、10%濃度のものを一日3回、2滴ずつ飲むなど」と説明されています。

 

 

 

私の場合は、40%濃度のものを瞑想前に1滴飲むのから始めたのですが、3滴~4滴で深い眠りに誘われます。

神経が高ぶっていたりして、寝付きにくそうな感じの時は4滴にするといった感じでしょうか。

消化器を経由せず血管に吸収されやすいため、飲むときは舌下に落とすのが望ましいです。

 

風味ですが、濃度が高いとそれなりに味もします。

なので、最初は手の甲に1滴落としてそれを舐めてみたのですが、タマネギのような辛味がありました。

濃度が低いものだと、こういった風味も和らぐと思います。

 

成分

NATURECAN ネイチャーカンのCBDオイルの成分

  • カンナビジオール(CBD)
  • オーガニックMCT(ココナッツ)オイル

天然の植物由来のみの成分で、農薬、重金属、微生物汚染、残留溶媒に関しても厳しいチェックをうけている製品です。

 

麻や大麻の成分というと、ハイになったりする麻薬のイメージがあるかもしれませんが、それはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分(日本においては違法)であり、ネイチャーカンのCBDオイルはこの成分が検出限界以下となっています。

 

カンナビノイドシステム

ンナビノイドの仕組みは、1世紀以上にわたって科学者を悩ませてきました。生化学者がヒトのエンドカンナビノイドシステムと呼ばれるものを発見したのは1990年代のことです。このシステムは、すべての人間(実際には、すべての哺乳類や他の種も含む)の身体に組み込まれています。

エンドカンナビノイドシステムはどのような働きをするのでしょうか?化学者のヴィンチェンツォ・ディ・マルツォの言葉を借りれば、食べること、眠ること、リラックスすること、そして忘れることを促します。エンドカンナビノイドシステムは、体が同時によりバランスよく、より動的になるようサポートします。ちょうど車のダッシュボードが車の状態や速度に関する重要な情報を表示するように、身体の他の部分に重要なフィードバック信号を送ることによって行われます。

本当に魅力的なのは、カンナビノイドシステムが2種類の異なるカンナビノイドからフィードバックを受けていることです。これまで述べてきた大麻由来のカンナビノイドに加え、体は自分自身のカンナビノイドも大量に作り出しています。この2種類は、フィトカンナビノイド(植物性カンナビノイド)とエンドカンナビノイド(体内で作られるカンナビノイド)と呼ばれています。

大麻やヘンプに含まれるような物質がすでに体内で生成されているということで、これらの植物がうまく機能する理由、そして有害な副作用がない理由の説明がつきます。これほど耐性のある物質(天然物質であっても)は他にありません。カフェインは体内で生成されないため、カフェインの活力増強作用でいらいらや禁断症状が起こるのはそのためです。また、アルコールは体内で微量にしか生成されないため、アルコールを過剰に摂取すると、時には命にかかわるような深刻な副作用が生じます。

しかし、ヘンプとそのカンナビノイドは違います。体は、あらゆる理由で、あちこちでいつもエンドカンナビノイドを生成しています。CBDのような植物性カンナビノイドをそこに加えると、物事は好転します。ボブ・モラメデ教授によると、カンナビノイドによって人間は複雑な生活ができます。カンナビノイドが促進するフィードバックループがなければ、私たちはおそらくここまで到達できなかったでしょう。カンナビノイドにより、私たちは柔軟性と創造性を持ち、より良い未来を想像・創造できます。このコンセプトは、マクロな視点だけでなく、ミクロな視点での個人的なレベルでも当てはまります。

NATURECAN

 

 

 

食べる、寝る、リラックスするのを促すのに加え、「忘れる」ことも促してくれるということですが、その日にあった嫌なことなどのネガティブな思考に意識が向きやすい場合などにもよ影響を及ぼしてくれそうです。

鬱の症状にも良いというのは納得です。

 

あと、中毒性がないのは、体内でもカンナビノイドが生成されてるため、禁断症状を起こさないからなんですね~。

 

質の良い睡眠で得られる効果

よい睡眠をとることで、

  • 疲労回復
  • 脳機能の向上
  • 免疫機能の維持
  • ストレス緩和
  • 代謝アップ

などの効果が得られます。

 

また寝はじめの頃は、代謝を担う成長ホルモンも多く分泌されるタイミングであるため、スムーズに入眠し、深い眠りに入っていけるというのはとても重要です。

 

日々の生活の中でカラダを整える「子午流注」

  早々に梅雨が明けて猛暑続きと思ったら、今週は戻り梅雨。 日中の気温も30℃を切る日があったりと、猛暑日と10℃近い気温差となり、なんだかカラダが追い付かない感じの日々です。 湿度は高いで ...

続きを見る

 

睡眠の質を向上させる方法は様々なですが、その一つの方法として、CBDオイルを試してみるのもオススメです。

 

 

 

 

-サプリメント
-

© 2022 なちゅろぱすラボ