暦・天体・自然

活発化が続く太陽活動と太陽フレアによる被害想定

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >
  3. 暦・天体・自然 >

活発化が続く太陽活動と太陽フレアによる被害想定

観光地は、かなりの人出となり盛り上がった様子のゴールデンウィーク。

私はというと、庭木の剪定やら掃除と、すっかり地味に過ごすことが板についたゴールデンウィークを過ごしておりました。

 

太陽フレアの影響を受け、左肩甲骨の辺りが凝ったり、背中がこわ張ったり、だるかったりしたので、体調的にもゆっくり過ごせてよかったのかもしれませんが。

 

総務省が初めて「太陽フレア」による被害想定を取りまとめ、自身や津波などの災害とみなし対策を強化していくとした。

 

二つの中規模フレアの発生


こどもの日には、2つの中規模フレアが発生し、翌日の5月6日も太陽フレアはLv.3で、ホントにこのところ太陽フレアの活発化頻度がすごいです。

宇宙天気予報

 

3月、4月、そして5月、このところホントに宇宙天気予報を見る頻度も多くなりました。

最近の地震の頻度も気になるので、併せて注視しております。

 

満月期間に発生した地震と太陽フレアの活発化

  この度の地震の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。     昨夜、寝る前に満開になった窓辺の桜を見ていると、急にサンキャッチャーが揺れ出し、「もしかして地震?」 ...

続きを見る

山からエネルギーが湧き上がる4月と太陽フレアの活発化

  4月に入ったとたんに底冷え感のある花冷えの数日間でしたが、裏の神社のソメイヨシノは見頃を迎えております。   さて、春分過ぎたころから体感があるほど太陽活動が活発化し、ゼリツィ ...

続きを見る

 

宇宙規模での災害

太陽の表面で起きる爆発現象「太陽フレア」について総務省は携帯電話などが2週間程度、使えなくなるという被害想定を初めて取りまとめました。

有識者会議の報告書によりますと、100年に一度起こる最悪の太陽フレアが起きた場合、宇宙空間に大きな変動が起こるため、携帯電話やテレビなどが2週間程度、停止、または断続的に通信障害を起こすということです。

さらに航空機が飛ばず、空港の閉鎖、そして大規模な停電も懸念されています。

テレ朝news

ゴールデンウィークに入る前日の夕方のニュースでこちらを見たのですが、「いよいよ、宇宙規模での災害による被害に関しての危惧も報道されるようになったのか~。」と思った次第です。

 

大規模な停電ともなると、あらゆる電化製品が使えなくなるので、サバイバル状態になることは必至ですね。

 

太陽フレアによる過去の目立った影響

【過去の目立った影響】
1859年:欧米で火花放電が起きて火災が多発。
1989年:カナダで9時間におよぶ大停電。
2000年:日本のX線観測衛星が故障。

All about

 

今回の総務省による被害想定「二週間にわたる通信障害および大規模停電」は、「最悪レベル」とのことですが、

 

もし、2週間電子機器が使えなくなり、今たよっている連絡手段なども使えなくなってしまったら...?

 

というのを、シュミレーションして考えてみるというのも必要かもしれませんね。

 

-暦・天体・自然

© 2022 なちゅろぱすラボ